岩波文庫
運命―他一篇 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 169p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003101223
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0300

出版社内容情報

中国明代の靖難の役に取材して作者の運命観を織り込んだ歴史小説.太祖が崩じ孫建文帝が即位すると,叔父燕王は兵を起こして帝を追い王位を奪い永楽帝となる.しかし長い在位中,永楽帝には一日も安穏の日はなく,流浪の建文帝は平和な一生を送る,という一大叙事詩.宮廷逸事の小編『暴風裏花』を付す. (解説 塩谷 賛)

内容説明

中国明代に材を取り、壮大な構成と絶妙の行文によって露伴(1867‐1947)の最高傑作とあおがれる歴史小説。太祖が崩じ孫の建文帝が即位するや、叔父燕王は兵を起して王位を奪い永楽帝となるが、長い在位のあいだ1日とて安穏の日はなく、かえって流浪の建文帝は平和な一生をおくる。併収は宮廷逸事の小篇「暴風裏花」。