岩波文庫<br> 文学評論〈上〉 (改版)

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

岩波文庫
文学評論〈上〉 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 09時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003101179
  • NDC分類 930.4
  • Cコード C0195

出版社内容情報

英文学者・夏目漱石の仕事がもっと読まれてよいのではないか.本書はもと「十八世紀英文学」のテーマで行われた講義であって,漱石は日本人としての主体を鋭く自覚し,また堂々と貫きながら十八世紀イギリスの作家と作品に,その社会に切りこんでいった.外国文学に関心をもつあらゆる人の必読書. (解説 平井正穂)

内容説明

英文学者・漱石が「18世紀英文学」のテーマで行なった講義。漱石は日本人としての主体性を鋭く自覚し、また堂々と貫きながら18世紀イギリスの作家と作品に、そうしてその背景をなす社会に切り込んでゆく。外国文学に関心をもつあらゆる人の必読書。

目次

第1編 序言(専門の知識;18世紀という語;文学史は科学か ほか)
第2編 18世紀の状況一般(歴史小説の例;社会的要素としての文学;その重要なる度合 ほか)
第3編 アヂソン及びスチールと常識文学(18世紀文学史の始め方;1700年を基点とする;当時の文学者の団体;スチーヴンの説明 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

31
イギリス経験論が登場することに驚きます。ヒュームの『人間本性論』を、英国人の気質に関連付けています。漱石の知識はイギリスに偏っており、相対化する研究も研究者も皆無だったと考えると、的外れと一笑に付すわけにもいきません。迂遠で焦点の定まらない話が200ページ近くあり、英語→対訳と重複も多く、本書は読む価値はありません。ただ、英米哲学が強くなり、思弁的実在論などからヒュームの再評価が行われている現在と文脈は全く異なっているが受け取っているものが同じで、相手が漱石だという不思議な感覚だけでも興味深い経験です。2020/01/20

ウイロウ

4
単行本『三四郎』と同じ年に刊行された本書だが、『文学論』と同様に東京帝大時代の講義が基になっている。テーマは18世紀の英文学。第一編「序言」の後、第二編「十八世紀の状況一般」として当時の哲学・政治・芸術・世相等が概観される。これが結構面白くて、なるほど18世紀は意外に乱暴な時代だったのだなあと。以下本論に入り、第三編アヂソンとスチール、第四編スウィフト、第五編ポープ、第六編デフォーと続く。AddisonやSteeleなんて初めて聞くけれども、スウィフトの引き立て役として取り上げられたフシもある。(下巻へ)2015/01/29

shinano

4
このての書物へのコメントは難しいというかやり難いです。序において長々と漱石の文藝の評論観と文学史評論観が語られています。文学作品評論には客観性が当然必要なのだが、自分が読んで「どう感じたのか」の主観を核にして「なぜそう感じたのか」を徹底分析しないといけないと言ってます。「面白いんだから仕方ない」と言うなと言ってます。わたしたち凡人の読書はこの域なんですが・・・・。自分の感情の動機を探せということですね、漱石先生。漱石先生はアヂソンやスチールの世評文にはやや否定的というか評価低いのもありますね。2010/07/13

しんすけ

3
とにかく面白い。『文学論』を読む前にこちらを先に読んでいたら、と思うと色々な想像が脳裏に浮かぶ。『文学論』は、漱石の文学ロジックを流麗な文語体で書き記したものだが、こちらは完全な口語体で書かれている。それも18世紀のイギリス文学に限定した内容である。さらに取り上げる対象は、アジソン、スチール、スイフト、ポープ、デフォーとその周辺に限られている。つまり一般的文学評論でなく、漱石が好むイギリスの限られた世界が対象なのである。2017/10/22

YS-56

1
気分は帝大生。直接聞けるのが幸せか、後から文字で読むことができるのが幸せか。あれこれ考えをめぐらせることができるのが幸せなんでしょうね。2021/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/294163

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。