岩波文庫<br> 道草 (改版)

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

岩波文庫
道草 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 06時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784003101131
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『道草』は漱石唯一の自伝小説だとする見方はほぼ定説だといってよい.すなわち,『猫』執筆前後の漱石自身の実体験を「直接に,赤裸々に表現」したものだというのである.だが実体験がどういう過程で作品化されているかを追究してゆくと,この作品が私小説系統の文学とは全く質を異にしていることが分る. (解説・注 相原和邦)

内容説明

『道草』が『猫』執筆前後の漱石の実生活に取材した自伝小説であるとする見方は定説といってよい。だが、実生活の素材がどういう過程で作品化されているかを追究してゆくと、この作品が私小説系統の文学とは全く質を異にしていることが分かる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイカラ

42
自分の中の論理と現実がずれてくると、どうしても自分は間違っていないと思いたくなる。健三は論理に恃んで日々を暮らし、家族関係や金の問題という実際に苦しむが、論理を捨てて膝を屈することはしない。考え考え足掻いている。まあどう頑張っても片付かないのが現実の非情さだけど、論理と実際を擦り合わせることは無意味でないと思います。2016/10/06

mitu

32
自伝的作品を装って留学直後の新婚時代を描いたドラマ「漱石の妻」とも符合する部分は多いが、創作時期は未完の遺作「明暗」の一年前なので漱石晩年の精神の到達点を伺うことができそうである。作品末尾の「世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない。一遍起こった事は何時までも続くのさ。ただ色々な形に変わるから人にも自分にも解らなくなるだけの事さ」という意味深いテーマの提示が印象的である。文豪といえども、自分の背後には逃れ得ない日常、家族、親族などのしがらみがあることを巧みに描いている。⇒2017/03/13

ころこ

30
「とうとう遣って来たのね、御婆さんも。今までは御爺さんだけだったのが、御爺さんと御婆さんと二人になったのね。これからは二人に祟られるんですよ、貴夫は」これを妻が言っているというのが興味深い。さすがの戦前の家族法も元養子に元養父母の扶養義務はないはずです。にもかかわらず養父母に対して断りを入れることが出来ない。法的理屈はあるとしても、幼少期の養父母との関係におけるダブルバインドの葛藤によってどうしても面と向かって断ることが出来ない。その不能性が円滑とはいえない妻との関係に現れているようにみえます。あたかも昔2020/12/07

toma225

23
片付かないしがらみと,噛み合わないながら続く夫婦。この機微の描写!さすがは漱石の凄みがある。【以下引用】「つまりしぶといのだ」健三の胸にはこんな言葉が細君の凡ての特色ででもあるかのように深く刻み付けられた。(・・・)しぶといという観念だけがあらゆる注意の焦点になってきた。彼はよそを真闇にして置いて,出来るだけ強烈な憎悪の光をこの四字の上に投げ懸けた。細君はまた魚か蛇のように黙ってその憎悪を受取った。(・・・)「あなたがそう邪慳になさると,またヒステリーを起こしますよ」細君の眼からは時々こんな光が出た。2017/09/02

テツ

16
漱石の自伝的な小説。百年以上前の作品なんだよなあこれ。それでも現代社会に生きる僕たちにも通じる生まれつきつきまとい離れない運命を描いているのはさすが。人間が伝えたいテーマって百年くらいじゃ何も変わらないのかもしれませんね。ひたすら金を無心する育ての親とのしがらみ。切っても切れない縁を力づくで切り離しても気持ちは晴れず。もうね。生まれた時点で、こう育てられた時点で負けなんですよね。運命論を信じたくはないけれどそう思いたくなる気持ちは痛いほど理解できる。生きるのはどうしたって息苦しい。2016/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/469258

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。