岩波文庫<br> 真景累ケ淵 (改版)

個数:

岩波文庫
真景累ケ淵 (改版)

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 484p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003100325
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0193

出版社内容情報

円朝(1839‐1900)は落語家,講釈師として近世の名人とうたわれた人.針医兼高利貸の皆川宗悦が酒乱の深見新左衛門に殺されることに始まる怪談話.宗悦の娘園と豊志賀,深見の息子新五郎と新吉は互いに仇敵とも知らず情痴に狂う.舞台は江戸から下総の累ヶ淵に移り,これら因縁にあやつられた人びとの陰惨怪異の姿は一読肌に粟を生じよう.解説=久保田万太郎

内容説明

「牡丹燈篭」と並ぶ円朝の代表作は、針医兼高利貸の皆川宗悦が酒乱の旗本深見新左衛門に殺されることに始まる、因果因縁が複雑に絡み合う怪談話。宗悦の娘園と豊志賀、深見の息子新五郎と新吉は互いに仇敵とも知らず情痴に狂い…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TSUBASA

26
江戸の高利貸し皆川宗悦の一家と旗本の深見新左衛門の一家、地方の名主惣右衛門一家の因縁を語った江戸時代の噺家三遊亭円朝の名作人情噺。怪談かと思って読んでたけれども怪談めいているのはごく一部。実態は長く入り組んだ因縁のお話。人間関係が非常に複雑なので相関図を書きながら読んだ。最後に因縁の全貌が見えると、スカッとするものがある。下衆野郎が沢山出てきて悪い事ばかりする割にサックリ殺されたりするのがモヤっとするけども。しかしこれを話芸として作り上げたというのは驚く他ない(元は道具噺だったみたいだが)。2018/08/23

シッダ@涅槃

23
【読了というか投了】匙投げました。拾い読みしたときは、解説部分が良かったけど、本文があまりにも馴染み薄いのと、新聞連載(?)ということもあって、ぼんぼん事件は起こるのだけど、100頁ほどで飽きちゃった(´・ω・`)あくまで資料であって読むものではないかな、と。2016/12/10

らぱん

21
全席10時間になる長大な因縁話の速記本で、圓朝の語り口が小気味よい。部分での演目のときには怪談噺にもなるだろうが、全体には真景=神経と明かす通り、幽霊譚ではなく怖さの質は妄想や狂気だ。ここでの因縁は個人に由来せず、むしろ運命に近いもので、その糸に操られる人間模様は見事な心理描写と相まって、時に殺人者に同情すら感じさせる。そのときどきの情景描写も巧みで、人情噺として物語に厚みを持たせている。もつれた因縁の最後の糸が解けたとき、爽快よりもそこも繋がっていたのかという驚きを感じた。かなり面白いです。2019/03/15

壱萬弐仟縁

11
江戸っ子のような口調は小気味よい歯切れの良さで痛快な感じ。あと、気に入ったところを音読してもよく、臨場感がありそうな感じで、学校などでもロールプレイで台詞を言い合ったりすると、楽しそうな感じ。友達同士でもやりあえば友情が深まるかもしれない。演劇部だけでなく、ふつうにやり取りを愉しめる素材がある。タイトルは、かさねがふち と読む(119ページ)。甚蔵という人も死ぬのを待たれているようで、「甚蔵が死ねば村の者が助かるまでよ」(263ページ)と、憎まれっ子世に憚るを戒めるような箇所がある。2013/02/15

fseigojp

9
因果の連鎖が応報思想の残滓を遺すも、明治初期にこれだけの物語世界があったとは! 映画 怪談 の黒木瞳の演技も必見2015/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/405483

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。