ギリシア悲劇全集 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 335p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000916011
  • NDC分類 991
  • Cコード C0398

出版社内容情報

最もギリシア悲劇らしい悲劇といわれる唯一残存の“オレステイア三部作”を一括収録.「アガメムノーン」では妻の夫殺しを,「コエーポロイ」では子の母殺しを,「エウメニデス」ではオレステースの許しを物語る.

内容説明

余りに現代的な、余りに人間的なギリシア古典文芸の精華に新たな息吹を与えることを願い、全篇を新訳、適正な脚注と充実した解説を付し、数多の「断片」をも集成して刊行する決定版。本全集は、3大悲劇詩人の現存する33作品の全訳である。あわせて、3大悲劇詩人およびその他の作家の失なわれた悲劇の断片のうち重要なものを収める。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

syaori

41
オレステイア三部作は、復讐が復讐を呼ぶアトレウス家の悲劇。娘を殺した夫を妻が殺し、その息子が父を殺した母を殺す。それは復讐が成就した瞬間から復讐者は復讐を受ける者になるということで、悪夢に怯えるクリュタイメーストラーや復讐の女神たちを恐れるオレステースの様子からは血で血を洗う復讐の空しさばかりが募ります。オレステースの罪と罰に注目していると新旧の神々の争いに主眼が移る最後は少し肩透かしのように感じるのですが、それは恐らく仕方のないこと。復讐の女神を恵み深い女神に変えることはいつだって難しいのだから。2018/02/14

fseigojp

26
新潮文庫には、ソホクレスのオイディプス、アンティゴネ―だけ収載されている しかしアイスキュロスの代表作オレステア三部作も古拙な魅力にあふれている ソホクレスもテーバイ三部作をよもうと思った 意外なことにエウリピデスは、むしろ現代性が一番つよいようだ 2017/04/12

34

21
深作欣二と北野武の暴力映画の遠い起源。『バトル・ロワイヤル』のキャッチコピー「ねえ、友達殺したことある?」が面目をなくす「ねえ、家族殺したことある?」な悲劇。娘を殺したことのある父を殺したことのある母を殺したことのある子供たち。血で血を洗う抗争劇の基となった祖父のふるまいはあまりに人間離れした酷さである(むべなるかな)。全員が悪人なわけでも仁義がないわけでもないのにラスト付近では「みんな死ねばいいのに」な気分が不可避なので、現代の演出家なら子供たちは生き延びることができず華麗に散っているだろうと想像する。2018/12/17

吉岡

6
「古代ギリシア文化と衰退論」 西洋人によるギリシア文化崇拝は古代ギリシアを最高とする衰退論を生み出した。 衰退論には同意、しかし私は円環論も支持したい。 事実は螺旋状の衰退論という点は間違いないとだろう、しかし、螺旋の傾斜率はどれほどか?この傾斜率を最小にするのならそれは極限的に数学的無限、よって円環論も成立。 つまり哲学的無限(例えば直径数kmの塔の内周を歩むなら人は無限に道が続くように思うこと)と数学的無限(例えば宇宙を無限拡大とみるがビックバンによるENの完全回収機構がなければ宇宙は有限)の両立。 2014/08/26

nightowl

2
「オレステイア」上演( https://goo.gl/WTWZtU )とのことで読了。文字の欠落部分がもどかしい。話し言葉は良い訳文なのに「ぺぅー!」など叫び声の部分が微妙なのももどかしい。それ以外は「トロイ戦争は起こらない」劇書房のギリシャ演劇に関する分かりやすい解説付き「エレクトラ」「オレステス」を読んでいたせいかすんなり頭に入ってくる。特にエウリピデス版「オレステス」のラストに納得いかない人はお薦め。2018/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/228295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。