岩波ブックレット
教育基本法「改正」―私たちは何を選択するのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 71p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000093156
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C0336

出版社内容情報

中教審答申を受け文部科学省が「改正」へ舵を切った.教育の根本的理念を謳う同法を変える正当な理由はあるのか.近年の教育情勢を読み解きつつ,改正のポイント「愛国心」と「公教育の分断」を憲法学の知見から検証する.

目次

1 教育基本法を変えることがもつ意味(教育基本法を作った理由;「柵」としての教育基本法 ほか)
2 教育基本法を変えたい人々(教育勅語復活論;エリート教育への要請 ほか)
3 家庭環境による子どもの分断と「公教育」の危機(「個性に応じた能力の伸張」と「自己責任」;学校選択制に見る教育の「自由化」と「効率化」 ほか)
4 愛国心の強制と「日本人としての自覚」(社会の分断と浮上する「すべての日本人に共通の意識」;愛国心問題の典型としての国旗・国歌 ほか)
5 教育の将来を構想する(教育基本法を改めた先にあるもの?;良心の自由を尊重する学校という対策)

著者等紹介

西原博史[ニシハラヒロシ]
1958年生まれ。早稲田大学法学部卒。同大学大学院法学研究科博士課程を経て、現在早稲田大学社会科学部教授。憲法学。全国憲法研究会事務局長、日本教育法学会理事。研究テーマである「思想・良心の自由」を出発点に、近年の教育現場における国旗・国歌強制に抵抗する教師たちの訴訟では理論的支柱として各地を奔走
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。