岩波ブックレット
シンポジウム 共生への志―心のいやし、魂の鎮めの時代に向けて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 55p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000092289
  • NDC分類 304
  • Cコード C0336

出版社内容情報

20世紀は人間の歴史を一気に駆け抜けたかのような100年であった.科学技術の進歩,物質的な富の反面,戦争はやまず,貧富の差は拡がった.共生の実現に向けて,いま何をなすべきか.著名な3氏が21世紀への志を語り合う.

内容説明

同志社一二五年の歴史を振り返りながら、課せられている使命は何か、新たに掲げるべき理想はどのようなものなのか、新しい時代に私たちはどう生きたいのかを討論した。

目次

「共生の場」としての日本は可能か(ロナルド・ドーア)
構造的貧困と豊かなる精神(プラティープ・ウンソンタム・秦)
道徳的な態度とよく考える態度(大江健三郎)
討論・共に創る二一世紀の「志」

著者等紹介

ドーア,ロナルド[Dore,Ronald P.]
1925年ボーンマス生まれ。戦後、ロンドン大学で日本の農村社会に関する研究を始める。ロンドン大学教授を経て、現在名誉教授。著書に『都市の日本人』『学歴社会』など多数

秦,プラティープ・ウンソンタム[Hata,Prateep Ungsongtham]
1952年バンコク生まれ。16歳の時、「一日一バーツ」学校を自宅に開設。78年マグサイサイ賞を受賞。2000年3月上院議員に当選。著書に『体験するアジア』(共著)など

大江健三郎[オオエケンザブロウ]
1935年愛媛県生まれ。作家。59年東京大学文学部仏文科卒業。58年在学中に芥川賞受賞。94年ノーベル文学賞受賞。著書多数。最新作に『取り替え子』
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。