理工系数学のキーポイント<br> キーポイント ベクトル解析

個数:

理工系数学のキーポイント
キーポイント ベクトル解析

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 150p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000078634
  • NDC分類 414.7
  • Cコード C3341

出版社内容情報

理工系学生にとって,数学は必要不可欠な道具だが,どうも自信がもてない,と感じている学生が多い.このシリーズは,執筆者自身が学生時代に経験した数学の「難所」をいくつか選びだし,それらの攻略法を解説する.

内容説明

数学嫌いになる理由に、grad,divいとうような記号の頻出、またベクトルやテンソルという見慣れない言葉の羅列が挙げられる。それらがすべてまとめて納得できるように解説された便利な本。

目次

1 ベクトルとスカラーの違い
2 ベクトルどうしの積の意味
3 場の概念に慣れよう
4 場の微分のとらえ方
5 やさしい場の積分
6 ガウスの定理がわかる
7 ストークスの定理をつかむ
8 テンソルとは何か
9 曲率を考える理由

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みかん。

3
ストークスの定理や曲率がのっている。また細かな数学用語を解説をする。grad,div,rotなどだ。div(grad)=ラプラシアンとなりラプラシアンは物理現象にしばしば見られる。2021/03/23

kkk

3
とあるスレに感化されて手をつけてみた。テンソルは面倒だったので省いた。初学者でもわかりやすい説明がされている。薄い本なので取り組みやすい。さらにつまづきやすいところがピックアップされているのでこまった時参考書代わりになる。ただし問題は最小限の例題しかない。2011/04/01

がりがり君

2
ベクトル解析を既に勉強した人が知識の整理に使う本という感じがした。2011/08/10

ユーザー名

2
テンソルからあとは読み飛ばし。凄く分かりやすいと思う。2011/06/04

ところてん

1
2回目読んだら意外と簡単でした。ベクトル解析についてある程度知識のある人が読むと、本当に身になる本なのかもしれません。2013/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/509853

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。