Autodesk Revit 標準アドオン Dynamoトレーニングガイド

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

Autodesk Revit 標準アドオン Dynamoトレーニングガイド

  • 著者名:矢野健太郎【著】
  • 価格 ¥4,620(本体¥4,200)
  • 日経BP(2020/12発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 1,260pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822286484

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、建築系3DモデリングツールAutodesk Revitに標準アドオンとして搭載されているDynamoを活用するための解説書です。Dynamoは、ビジュアルプログラミングツールの1つで、パッケージ化されたプログラムのブロック(=ノード)をツリー状に結ぶことで、Revitなどの情報の操作や他のアプリとの連携ができるため、ユーザーは従来の記述式プログラミングよりも容易にさまざまな開発ができる将来性の高いツールです。本書では、Dynamoの基本操作方法から始め、想定されたシチュエーションに沿って、一緒に操作をしながらプログラムを作成していく方式を採っています。本書の最後では、Excelで作成した外部データと連携を可能とするノードやその使い方を学び、Revitを交えたワークフローを構築していくための知識とスキルを学べます。なお、本書の説明で用いたバージョンはRevitのVer.2019.2とDynamoのVer.2.0.2ですが、サンプルファイルの動作に関しては、Revit2020+Dynamo2.3.0およびRevit2021+Dynamo2.6.1においても正常に動作することを確認しています。ただし上位バージョンでは、扱える要素やプログラム、および検索方法など機能の一部が変更、追加されており、この点に関しては本文中では言及しておりません。

目次

第1章 はじめに
第2章 Dynbamoの基本的な使い方
第3章 ノードとデータの基本を学ぶ
第4章 グラフを作る(基本情報)
第5章 グラフを作る(ジオメトリの作成)
第6章 グラフを作る(Revit連携の基礎知識)
第7章 グラフを作る(外部データ連携)
第8章 おわりに