科学の謎 研究者が悩む99の素朴な疑問

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

科学の謎 研究者が悩む99の素朴な疑問

  • ISBN:9784863134485

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「ブーメランはなぜ戻ってくるのか?」「宇宙はどんなにおいか?」「夢を見るのはなぜか?」「地球の水はどこから来たのか?」「なぜカモの足はオレンジ色なのか?」といった、身近ではあるが言われてみれば「そういえば、なぜだろう?」と思って、考え込んでしまうような話題を集めた本。どの項目も平易な解説となっているので、専門的な知識が無くても楽しめます。

目次

はじめに
【第1章 物質と力】光は波か、それとも粒子か?/ブーメランが戻ってくるのはなぜか?...ほか
【第2章 宇宙】フェルミバブルの正体は?/パルサーがパルスを発するのはなぜか?...ほか
【第3章 人体】顔が赤くなるのはなぜか?/くすぐったさは何のために進化したのか?...ほか
【第4章 地球】火山雷はなぜ起きるのか/土はどれくらい古いのか?/プレートテクトニクスはどのような仕組みではたらいているのか?/人類を絶滅させるにはどれくらいの大きさの隕石が必要か?...ほか
【生物の世界】地球の生命はどのように誕生したのか?/動物はどのように磁場を感知しているのか?...ほか
【第6章 人類の営み】ストーンヘンジは何のためにつくられたのか?/イースター島のモアイ像はどのように建てられたのか...ほか
索引

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

to boy

18
現在未解明な科学的な項目を1ページで簡潔に書かれています。「宇宙エレベータ」やら「ダークエネルギー」などまともな記事もあれば、「人体発火現象」、「死んだらどうなるのか」など、ちょっとどうかなと思うような記事まで。内容は大したことないけど、まだまだ知らない事がたくさんあるということを知るためには良い啓蒙書です。2020/05/19

結城カノン

4
課題研究の参考になりました。死後の世界の話にも量子力学がでてくるのに驚きました。2020/09/24

minto

1
この世界の謎が解明されることを楽しみにしています。2020/01/20

y

0
解明されつつある謎とさっぱりな謎があり、意外にもわかっていないことが多いなぁと感じました。 個人的には、宇宙の匂いが驚きでした。 学校に行けないお子さんたちにお勧めかなと思います。2020/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14481581

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。