陶芸の釉薬 336の色彩帖 - 21色の釉薬を土と焼き方と重ね掛けで彩り豊かに楽しむ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy

陶芸の釉薬 336の色彩帖 - 21色の釉薬を土と焼き方と重ね掛けで彩り豊かに楽しむ

  • 著者名:誠文堂新光社
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 誠文堂新光社(2015/07発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

陶器の美しい色は、釉薬(ゆうやく)と呼ばれる原料を陶器に掛けることで生まれます。本書では、その釉薬の色彩を女流陶芸家に好まれる色を中心に紹介。陶器の焼き方(酸化、還元)とはなにかなど、陶芸の基本も説明しています。[釉薬の色見本]カフェオレボウル:21色の釉薬×赤土の陶器、白土の陶器の2種類×焼き方(酸化、還元) /プレート:21色の釉薬×赤土の陶器、白土の陶器の2種類×焼き方(酸化、還元)×重ね掛け釉薬(3色)/21色の釉薬をつかった作家の作品

目次

色見本に使用する釉薬/1 陶芸のできるまで/2 釉薬とは/3 色見本の見方/透明感のある釉薬/半透明・不透明な釉薬/本書に出てくる用語解説/作家紹介/今回協力してくれたのは…