イベントに行こう

【ゆめタウン徳島店】 待望の第二弾!『奇奇奇譚編集部 幽霊取材は命がけ 』

 ご当地出身の作家・木犀あこさんの最新刊がこの度発売になりました!


きききたんtate.jpg

 第二巻からでも十分楽しめますが、お読みでない方は第一巻からぜひ。


奇奇奇譚編集部

奇奇奇譚編集部

木犀あこ / KADOKAWA
2018/03出版
ISBN : 9784041065884
価格:¥648(本体¥600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

 霊が見えるホラー作家の熊野惣介は、怪奇小説雑誌『奇奇奇譚』での連載を目指して、担当編集者の善知鳥とネタ探しを続けていた。フィクションの存在のはずの怪人、さびれた大観音像の内部に棲みついた霊、不遇のアーティストが死を遂げた呪いの屋敷......。

 ついに連載が実現しようとしたとき、ひるんだ熊野に対して善知鳥が「欲がなさすぎる」と怒り、ふたりは険悪に。熊野が胸に秘めている、"書かなければならない理由"とは?

奇奇奇譚編集部 ホラ-作家はおばけが怖い

奇奇奇譚編集部 ホラ-作家はおばけが怖い

木犀あこ / KADOKAWA
2017/09出版
ISBN : 9784041061374
価格:¥561(本体¥520)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

 霊の見える新人ホラー作家の熊野惣介は、怪奇小説雑誌『奇奇奇譚』の編集者・善知鳥とともに、新作のネタを探していた。心霊スポットを取材するなかで、姿はさまざまだが、同じ不気味な音を発する霊と立て続けに遭遇する。共通点を調べるうち、ふたりはある人物にたどり着く。霊たちはいったい何を伝えようとしているのか?

 怖がり作家と最恐編集者のコンビが怪音声の謎に挑む、第24回日本ホラー小説大賞・優秀賞受賞作!

2018.03.27 注目の本