【そごう川口店】 伝統工芸 「手摺木版画 浮世絵フェア」 2019年3月10日(日)まで


1532662735244.jpg

広重、北斎、歌麿、写楽の世界
色は染料・顔料、版木は桜の木、紙は手漉き和紙、といった江戸時代そのままの手法で現代の熟練の彫師・摺師が彫り、摺りあげた手摺り浮世絵木版画の世界。

江戸期の初期から代々、版を重ねて職人達の手で受け継がれてきた浮世絵木版画は、現代の熟練職人が伝統的スタイルで制作しており、その質、製法、素材、いずれも江戸期の物に比べても引けをとらない仕上がりです。正に、長い修業を経て習得される熟練の職人技と言えます。

今だから揃いで入手できる最高級の手摺り浮世絵木版画。彫師、摺師の方がご高齢でかつ後継者不足の状況で、今後はいつまで揃いでの作品の提供ができるかわかりません。

是非この機会をお見逃しなく、お立ち寄りくださいませ!

----------------------------------------------------------------------
◆期間:2019年3月1日(金)~3月10日(日)まで
    10:00~20:00(最終日は18:00予定)
◆場所:紀伊國屋書店そごう川口店 イベントスペース

◆イベントの内容は、事情により予告なく変更になる場合がございます。予めご了承お願い致します。
◆問い合わせ:紀伊國屋書店そごう川口店 Tel:048-241-2131

2019.03.02 イベントに行こう  アート 東京 関東 北斎 浮世絵