【新宿南店】 『フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』刊行記念 速水健朗氏が選ぶ「食べることは政治的なこと」食関連の人文ブックフェア ※このフェアは終了しました

hayamizfea.pnghayamizfea2.jpg
開催期間:2014年1月23日(水)~2月17日(月)
開催場所:紀伊國屋書店新宿南店3階SUPERワクワク棚
※このフェアは終了しました

『フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』の著者の速水健朗さんに、最近気になる食関連の人文系書籍を選んでいただきました。思想、歴史、文化、社会、政治、...「食」を切り口にすることで見えてくる世界があります。ぜひお立ち寄りくださいませ!


2014年2月7日(金)19時より新宿南店3階イベントスペース〈ふらっとすぽっと〉にて速水健朗さんのライブトークを開催いたします!
詳細はこちら!

フ-ド左翼とフ-ド右翼 食で分断される日本人

フ-ド左翼とフ-ド右翼 食で分断される日本人

速水健朗 / 朝日新聞出版
2013/12出版
ISBN : 9784022735393
価格:¥820(本体¥760)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「食べるものを選ぶ」それだけで政治思想がわかる。今、日本人は食をめぐって大きく二つに分かれている。食にお金をかけることを厭わない人々と、安全よりも安さと量を重視する人々。それぞれの思想を細かく見てみると、新たな社会や階層が見えてくる。食で読み解く新感覚の政治論。

フェアのブックリストと速水健朗氏のおすすめコメントはこちら↓

ゴロツキはいつも食卓を襲う フ-ド理論とステレオタイプフ-ド50

ゴロツキはいつも食卓を襲う フ-ド理論とステレオタイプフ-ド50

福田里香 / 太田出版
2012/04出版
ISBN : 9784778313135
価格:¥1,382(本体¥1,280)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「フード理論」は、古今東西の映画に登場する食卓のシーンの分析の下、映画の悪役を食べものの関係性において構築された新理論。おもしろい!

ファッションフ-ド、あります。 はやりの食べ物クロニクル1970-2010

ファッションフ-ド、あります。 はやりの食べ物クロニクル1970-2010

畑中三応子 / 紀伊国屋書店
2013/03出版
ISBN : 9784314010979
価格:¥2,592(本体¥2,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

かつてなかった「ポップ・カルチャー」としての食の研究書。やっぱり日本人は食で結びついた民族であると再確認。

昭和の洋食平成のカフェ飯 家庭料理の80年

昭和の洋食平成のカフェ飯 家庭料理の80年

阿古真理 / 筑摩書房
2013/02出版
ISBN : 9784480878625
価格:¥1,836(本体¥1,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

『きょうの料理』から現代のレシピ本ブームまで。あらゆるメディアに登場する家庭料理の歴史を辿る一冊。NHKの連ドラの食卓のシーンの分析が素晴らしい!

大衆めし激動の戦後史 「いいモノ」食ってりゃ幸せか?

大衆めし激動の戦後史 「いいモノ」食ってりゃ幸せか?

遠藤哲夫 / 筑摩書房
2013/10出版
ISBN : 9784480067401
価格:¥820(本体¥760)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

最近「日本食」が無形文化遺産となりましたけど、何を持って「日本食」なんでしょうか? 本当の「日本の大衆食」を問うのが本書です。

とことん!とんかつ道

とことん!とんかつ道

今柊二 / 中央公論新社
2014/01出版
ISBN : 9784121504821
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

今柊二さんの書く本は、どれもユーモアがあって最高! とんかつってまさに掘り下げ甲斐ある日本的な食べものです。

美味しい革命

美味しい革命

ト-マス・マクナミ-、荻原 浩子 / 早川書房
2013/06出版
ISBN : 9784152093806
価格:¥2,592(本体¥2,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

アリスは、アメリカのフード左翼界の最重要人物。「食べることは政治的なこと」というのも彼女の名言。

未来の食卓 2035年グルメの旅

未来の食卓 2035年グルメの旅

ジョシュ・シェ-ンヴァルド、宇丹貴代実 / 講談社
2013/08出版
ISBN : 9784062177566
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

20年後の人類は、何を食べているのだろう? そんな疑問を元に、鮭に変わる次世代養殖魚、代替肉などを探しに行く旅。

見えないアメリカ 保守とリベラルのあいだ

見えないアメリカ 保守とリベラルのあいだ

渡辺将人 / 講談社
2008/06出版
ISBN : 9784062879491
価格:¥799(本体¥740)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

民主党に投票する「スターバックス・ピープル」と共和党支持の「クアーズビール・ピープル」。アメリカ人の政党選択は、消費と結びついている!

わたしが肉食をやめた理由

わたしが肉食をやめた理由

ジョン・ティルストン、小川昭子 / 日本教文社
2007/03出版
ISBN : 9784531015511
価格:¥1,234(本体¥1,143)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

経済学者が、自分がベジタリアンに染まっていった理由を綴った本。本の半ば程までは、合理的な経済学的理由で肉食の損失を説いていたのに、後半は倫理的な内容になっていくのが笑えます!

ニッポン定番メニュ-事始め

ニッポン定番メニュ-事始め

澁川祐子 / 彩流社
2013/09出版
ISBN : 9784779119347
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コロッケも肉じゃがも、明治以降に食べられるようになり、日本流の変化を遂げた食べもの。でも、定説とされてきた歴史って意外に当てにならない。これはかなり奥深い食の歴史ミステリー。

雑食動物のジレンマ ある4つの食事の自然史

雑食動物のジレンマ ある4つの食事の自然史

マイケル・ポ-ラン、ヒデコ・ラッセル / 東洋経済新報社
2009/11出版
ISBN : 9784492043523
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

昨今の食関連の本がおもしろいというのは、概ねこの本から始まった流れです。アメリカ人がトウモロコシしか食べてない(!)とか、驚くべき「当たり前の事実」がたくさん書かれてます。

お望みなのは、コ-ヒ-ですか? スタ-バックスからアメリカを知る

お望みなのは、コ-ヒ-ですか? スタ-バックスからアメリカを知る

ブライアン・サイモン、宮田伊知郎 / 岩波書店
2013/03出版
ISBN : 9784000258944
価格:¥3,456(本体¥3,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

スターバックスも、70年代のポスト・ヒッピー的な企業のひとつ。その歴史とともに、消費選択≒政治選択という時代の到来を歴史学者が説いていきます。

(株)貧困大国アメリカ

(株)貧困大国アメリカ

堤未果 / 岩波書店
2013/06出版
ISBN : 9784004314301
価格:¥820(本体¥760)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

アメリカで導入された「フードスタンプ」は、低所得層向けのクーポン制度。福祉政策のはずの制度が、ジャンクフード産業の既得権拡大につながるという話は衝撃。

新東京いい店やれる店 SEX & THE CITY & THE REST

新東京いい店やれる店 SEX & THE CITY & THE REST

ホイチョイ・プロダクション / 小学館
2012/07出版
ISBN : 9784093592079
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

2012年版の「いい店やれる店」。バブル以降の20年の東京という都市の変遷がレストランから見て取れる都市論!

英国一家、日本を食べる

英国一家、日本を食べる

マイケル・ブ-ス、寺西のぶ子 / 亜紀書房
2013/04出版
ISBN : 9784750513041
価格:¥2,052(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

イギリス人のジャーナリストが日本食に対峙するという一冊。日本の食をもっとも象徴する場所、それがデパ地下!

地球最後の日のための種子

地球最後の日のための種子

スザン・ドゥオ-キン、中里京子 / 文藝春秋
2010/08出版
ISBN : 9784163731506
価格:¥1,594(本体¥1,476)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

品種改良や遺伝子操作。穀物の種は、常に病気や気候変動にさらされて進化しなくては滅んでしまう。あらゆる品種を保存し、いつか来る大量絶滅に備えた貯蔵庫、穀物の種子サンプルバンクのお話です。

ナチスのキッチン 「食べること」の環境史

ナチスのキッチン 「食べること」の環境史

藤原辰史 / 水声社
2012/05出版
ISBN : 9784891769000
価格:¥4,320(本体¥4,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

いまではおなじみのシステムキッチンは、いつどのように生まれたのか。それを巡る旅がこんなにおもしろいとは!政治学者の書いた学術的な本なのに読みやすいしおもしろいです。

食の終焉 グロ-バル経済がもたらしたもうひとつの危機

食の終焉 グロ-バル経済がもたらしたもうひとつの危機

ポ-ル・ロバ-ツ、神保哲生 / ダイヤモンド社
2012/03出版
ISBN : 9784478007471
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

オートメーションにサプライチェーン。食の世界が巨大産業化していった様を描く食品経済の現代史。食の技術革新を、一方的に悪く捉えるばかりでないのでおすすめ。

これからの野菜の食べ方 ファ-マ-ズマ-ケットが教えてくれた三〇の真実

これからの野菜の食べ方 ファ-マ-ズマ-ケットが教えてくれた三〇の真実

青山・国連大学前ファ-マ-ズマ-ケット男 / 幻冬舎
2012/01出版
ISBN : 9784344021181
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

毎週末、青山の国連大学前で開かれるファーマーズマーケットの本。有機野菜と無農薬って何が違うの? など、さまざまな疑問に答えてくれる一冊。

社会の抜け道

社会の抜け道

古市憲寿、國分功一郎 / 小学館
2013/10出版
ISBN : 9784093882569
価格:¥1,836(本体¥1,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

偏食の社会学者と料理にも食にもこだわる哲学者が、有機農業の牧場やショッピングモールに出かけていき、現代のあれこれを語ります。

オ-ガニック革命

オ-ガニック革命

高城剛 / 集英社
2010/01出版
ISBN : 9784087205268
価格:¥734(本体¥680)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

現代のロンドンでは、やぶれたTシャツを着てパンクを演奏するよりも、新鮮な野菜をストリートで売る方が反抗的で政治的なことなんだそうだ。

愛の新世界

愛の新世界

フランソア・マリ-・シャルル・フ-リエ、福島知己 / 作品社
2013/11出版
ISBN : 9784861824579
価格:¥8,856(本体¥8,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

気の触れた空想社会主義者フーリエ! お腹いっぱい食べるフランス料理を批判して、人間は1日に7回食事を取るのが一番! と論じます。

ウォ-ル街を占拠せよ はじまりの物語

ウォ-ル街を占拠せよ はじまりの物語

ライタ-ズ・フォ-・ザ・99%、芦原省一 / 大月書店
2012/09出版
ISBN : 9784272330782
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

オキュパイウォールストリートのルポ。興味深いのは、彼らの「兵站」(食料調達)の部分。なんと彼らは、全米の有機野菜農家の支持を受けていました。まさに「美味しい革命」!

(新宿南店SUPERワクワク隊・神矢)

2014.01.23 イベントに行こう  くらし 人文 社会 東京 SUPERワクワク 政治 食