イベントに行こう

【新宿医書センター】 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 出展書籍と売行良好書のご紹介

2020年1月31日~2月2日 、第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会が開催されました。

紀伊國屋書店では本学会に出展し、書籍の展示販売を行いました。
多くの先生方にご来場をいただき誠にありがとうございました。

会期中の売行良好書籍と、出展書籍の全リストをご紹介いたします。


売行良好書籍のご紹介

臨床と微生物 Vol.46 NO.4

臨床と微生物 Vol.46 NO.4

/ 近代出版(東京)
2019/07出版
ISBN : 9784874022559
価格:¥2,310(本体¥2,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

【非結核性抗酸菌症をめぐる最近の話題】

はじめに/舘田一博
非結核性抗酸菌の分類と同定/大楠清文
非結核性抗酸菌症の疫学/泉 清彦
診断法の現状と進歩/御手洗聡
非結核性抗酸菌症の画像診断/徳田 均
慢性気道感染症としての非結核性抗酸菌症/伊藤明広ほか
小児における非結核性抗酸菌症/徳永 修
皮膚科領域における非結核性抗酸菌症/清島真理子
HIV患者における非結核性抗酸菌症/照屋勝治
抗IFN-γ自己抗体と非結核性抗酸菌症/坂上拓郎
Hot tub lungの原因菌としての非結核性抗酸菌症/藤田昌樹ほか
非結核性抗酸菌症に対する抗菌薬療法/金城武士
非結核性抗酸菌症に対する新しい治療戦略の可能性/塩沢綾子

マイクロバイオ-ムの世界 あなたの中と表面と周りにいる何兆もの微生物たち

マイクロバイオ-ムの世界 あなたの中と表面と周りにいる何兆もの微生物たち

ロブ・デサ-ル、ス-ザン・L.パ-キンズ / 紀伊國屋書店
2016/12出版
ISBN : 9784314011440
価格:¥2,200(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

人間の体表や体内に棲む何兆もの微生物が形成する群集=マイクロバイオームについて、しっかり学びたい人のための基本書。もはや細菌を知らずに人間は語れない――
近年、ゲノム解析技術の進歩により、細菌は皮膚や内臓など体の各部位に群集で生息し、特有の生態系を形成していることがわかった。マイクロバイオーム、あるいは細菌相と呼ばれるこの細菌の群集は、消化や免疫など宿主=人間の生存に不可欠な機能を提供し、宿主の遺伝子にも影響を与える。なかでも「腸内フローラ」として知られる腸内に棲む細菌相は、医療・美容方面への応用で近年注目を浴びている。

本書はマイクロバイオームについてしっかり学びたい人のための基本書であり、生命とは何かという根本的議論から、マイクロバイオームとは何か、それが人間の生活や健康にどう影響するのかまで、進化理論や細菌学の歴史をひもときながら、最新の分子生物学の成果を踏まえ、豊富なイラストと共にわかりやすく解説する。

腸と脳 体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右す

腸と脳 体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右す

エムラン・メイヤ-、高橋洋(翻訳家) / 紀伊國屋書店
2018/07出版
ISBN : 9784314011570
価格:¥2,420(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

悩みで胃が痛い
大事なプレゼンの前にトイレに行きたくなる
腑に落ちない
――誰しもが身に覚えのあるこれらの感覚、ここには、
体内で休まず交されている「見えない会話」が関わっていた。

ヒトゲノム計画からヒトマイクロバイオーム計画に移行した現代、
生命科学のトレンドとして注目を集めているのは「腸」。

腸管神経系(ENS)は「第二の脳」とも呼ばれ、
5000万~1億もの神経細胞から構成されており、
このENSと脳が常時やり取りしている厖大な情報が、
心身の健康維持にきわめて重要な役割を果たしている。

腸内マイクロバイオームの異変は、慢性疼痛、過敏性腸症候群(IBS)、
うつ病、不安障害、自閉症スペクトラム障害や、
パーキンソン病などの神経変性疾患に結びつく可能性がある。

脳-腸-腸内細菌の情報ネットワークの緊密さと重要性、
諸疾患と腸内細菌の関係、情動と内臓感覚、
健康な身体を維持するために実践したい食習慣などについて、
脳と腸のつながりの研究における第一人者が、わかりやすく解説する。

Documentアイコン出展書籍の全リストはこちら

Documentアイコン電子書籍 出展書籍のリストはこちら

2020.02.13 注目の本  医学書 学会出展