【新宿本店】 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫 Readers Club読書会 #58「プライドを賭けた恋の駆け引きを緻密に、華麗に描く『 傾城の恋』。魯迅と並ぶ現代中国文学の源流、張愛玲の魅力」藤井省三さんを迎えて 2019/11/22

藤井省三先生1.jpg


1941年、被占領下の上海。いまや火の車となった名家出身のヒロインは、兄夫婦たちから疎まれるバツイチ出戻り。ある日妹の見合いに同行した彼女は、イギリス育ちの青年実業家に見初められ、香港に招かれることに。果たして勝気なお嬢様は、プレイボーイからプロポーズの言葉を引き出すことができるのか......? かつてオールド上海に彗星のごとく登場したのが張愛玲(英語名アイリーン・チャン)です。今回の読書会では、魯迅と並び20世紀中国文学を代表する彼女の傑作「傾城の恋」を取り上げます。緊張感のあるスタイリッシュな会話が繰り広げられるこの作品は、もちろんラブコメディとしても読めますし、戦争とお金、家族と個人との問題を扱ったシリアスな小説という面もあります。華麗な文体と巧みな構成で書かれたこの恋愛小説の魅力について、いろいろな角度から訳者の藤井さんに語っていただきます。(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書籍Kinoppyとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)、第58回です。


○日時:2019年11月22日(金)18:30~ (開場18:15)
○場所:紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
○定員:50名
○参加費:無料
○参加方法:2019年11月7日(木)午前10:00より2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
○お問い合わせ 新宿本店2階カウンター 03-3354-5702

*イベントは1時間30分~2時間程度を予定しております。
*トーク終了後ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします。
*19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

【藤井省三さんプロフィール】1952年生まれ。現代中国文学者。1991年魯迅研究により文学博士。著書に『魯迅事典』『魯迅「故郷」の読書史』『村上春樹のなかの中国』。訳書に『蕭紅評伝』『魯迅全集・第12巻「訳文序跋集」』(共訳)、『酒国』(莫言)、『神樹』(鄭義)、『夫殺し』(李昂)、『故郷/阿Q正伝』『酒楼にて/非攻』(魯迅)ほか多数。

傾城の恋/封鎖

傾城の恋/封鎖

張愛玲、藤井省三 / 光文社
2018/05出版
ISBN : 9784334753771
価格:¥946(本体¥860)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

離婚後、没落した実家に戻っていた白流蘇。異母妹の見合いに同行したところ英国育ちの青年実業家に見初められてしまう「傾城の恋」。封鎖中の路面電車のなかでの男女の行きずりの恋を描いた「封鎖」。占領下の香港と上海が舞台の恋物語と自伝的エッセー「戦場の香港」ほかを収録。

酒楼にて/非攻

酒楼にて/非攻

魯迅、藤井省三 / 光文社
2010/10出版
ISBN : 9784334752156
価格:¥902(本体¥820)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

中国近代文学の草創期を代表する実験的小説群。
伝統批判だけでなく、当時中国人が獲得しつつあった近代性に対しても懐疑の目を向けた『彷徨』。
激しい喜怒哀楽の情をたぎらせる古代の英雄聖賢を描く『故事新編』。
中国革命を生きた文学者、魯迅の異色作を紹介。
度重なる不幸で精根尽き果てていく女を描く「祝福」。
すっかり様変わりした昔の友人の、閉塞感と郷愁に満ちた来し方の物語「酒楼にて」。
春秋戦国時代に、思想と技術と組織力で反戦に奔走する思想家墨子の、静かなる闘いを描く「非攻」。
意外な魯迅像が発見できる代表作8篇。

故郷/阿Q正伝

故郷/阿Q正伝

魯迅、藤井省三 / 光文社
2009/04出版
ISBN : 9784334751791
価格:¥858(本体¥780)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

久しぶりに再会した幼なじみは、かつて僕の英雄だった輝きを失っていた...「故郷」。
定職も学もない男が、革命の噂に憧れを抱いた顛末を描く「阿Q正伝」。
周りの者がみな僕を食おうとしている!狂気の所在を追求する「狂人日記」。
文学で革命を起こした魯迅の代表作16篇。

酒国 特捜検事丁鈎児の冒険

酒国 特捜検事丁鈎児の冒険

莫言、藤井省三 / 岩波書店
1996/10出版
ISBN : 9784000233095
価格:¥3,520(本体¥3,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

酒国という都市で権力者たちが人肉料理を食べているという情報があり,検事丁鈎児が潜入する-.改革開放政策下の現代中国の矛盾と混乱をリアリズムとアレゴリーをおりまぜ描き,中国文学の新しい方向を示す傑作長篇。

2019.11.06 イベントに行こう  文学 あの人が来る!!! 東京