【新宿本店】 【受付終了】紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫読書会#53「鴨長明がぐっと身近に感じられる。『方丈記』の意外(?)な魅力」講師:蜂飼耳先生(2019年5月27日)

蜂飼耳さん(森清).jpg
©森清

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世中(よのなか)にある人と栖(すみか)と、又かくのごとし」
この冒頭部分が有名な『方丈記』は、『枕草子』『徒然草』とあわせて日本三大随筆に数えられている古典です。京都郊外の日野の山に設えた一丈四方(五畳半!)の草庵で、作者の鴨長明は都で起きた飢饉や大火に思いを寄せ、生のはかなさを綴りました。いわゆる出世争いから外れ、本来の禰宜としての地位を全うするには至らなかった鴨長明は、優れた歌人であり、また琵琶の名手でもありました。和歌への情熱、日々の散策や山歩き、それにみずからの運のなさをしみじみと思うなど、何ものにも縛られない日々を送る鴨長明。今回の読書会では、これまででいちばん身近に感じられる鴨長明像を浮かび上がらせた蜂飼耳さんを迎えて、『方丈記』のもつさまざまな魅力について語っていただきます。
(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書籍Kinoppyとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)、第53回です。


○日時:2019年5月27日(月)18:30~ (開場18:15)
○場所:紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
○定員:50名
○参加費:無料
○参加方法:2019年5月6日(月)午前10:00より2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。定員に達したため、受付は終了いたしました。
○お問い合わせ 新宿本店2階カウンター 03-3354-5702

*イベントは1時間30分~2時間程度を予定しております。
*トーク終了後ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします。
*19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

[蜂飼耳(はちかい・みみ)さんプロフィール]
1974年神奈川県生まれ。詩人・作家。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。詩集『いまにもうるおっていく陣地』で第5回中原中也賞を受賞。詩のみならず、小説、エッセイ、絵本、書評などでも活躍する。他の著書に、詩集『食うものは食われる夜』(第56回芸術選奨新人賞)『顔をあらう水』(第7回鮎川信夫賞)、小説『紅水晶』『転身』、訳書に『虫めづる姫君 堤中納言物語』などがある。

方丈記

方丈記

鴨長明、蜂飼耳 / 光文社
2018/09出版
ISBN : 9784334753863
価格:¥691(本体¥640)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

災厄の数々、生のはかなさ...。人間と、人間が暮らす建物を一つの軸として綴られた、日本中世を代表する随筆。京都郊外の日野に作られた一丈四方の草庵で、何ものにも縛られない生活を見出した鴨長明の息遣いが聞こえる瑞々しい新訳!和歌十首と、訳者のオリジナルエッセイ付き。

虫めづる姫君 堤中納言物語

虫めづる姫君 堤中納言物語

蜂飼耳 / 光文社
2015/09出版
ISBN : 9784334753184
価格:¥928(本体¥860)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

風流の貴公子の失敗談「花を手折る人(花桜折る中将)」。
年ごろなのに夢中になるのは虫ばかりの姫「あたしは虫が好き(虫めづる姫君)」。
一人の男をめぐる二人の女の明暗をあぶり出す「黒い眉墨(はいずみ)」...。
無類の面白さが味わえる物語集。
訳者エッセイを各篇に収録。

朝毎読 蜂飼耳書評集

朝毎読 蜂飼耳書評集

蜂飼耳 / 青土社
2018/11出版
ISBN : 9784791771141
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

読書が私のいまをつくっていく。
初の書評集。

本と出会う。
身体を言葉が通り過ぎていく。
そこで思いがけず残るもの。
その言葉の蓄積が自分のいまを形作っているのだと、ある時ふと気がつく。
静かに、ときにユーモアや驚きを感じながらつむぎだされた言葉。
書評は本と人を繋いでいく。

顔をあらう水

顔をあらう水

蜂飼耳 / 思潮社
2015/10出版
ISBN : 9784783734987
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

構図のみじろぎ、
着ているものを脱ぎながら
失われた眠りの
入り口へある日、踏み出す
(「骨格散歩」)


意味と音韻の呼び交わす複眼のことばが、時間/空間をおおきく振れていく。
新世代の旗手がついに放つ、8年ぶりの新詩集。
未知の場を照らしだす、渾身の試行28篇。

蜂飼耳詩集

蜂飼耳詩集

蜂飼耳 / 思潮社
2013/07出版
ISBN : 9784783709794
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

第1詩集『いまにもうるおっていく陣地』で2000年中原中也賞受賞。
以来この時代の詩を模索し続けてきた新世代の旗手の、今日までの全詩を収める。

2019.05.05 イベントに行こう  文学 あの人が来る! 東京 !!