【新宿本店】 紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session#51 アニメとまるで違う! 原作『ピノッキオの冒険』の魅力 講師:大岡玲先生(2019年3月29日)

大岡玲先生.jpg

 現代のわたしたちにとって「ピノキオ」といえば、ディズニーアニメのキャラクターとしてのイメージが強いかもしれません。有名な「星に願いを」のメロディ、無邪気なキャラクターたち......。
 しかしその原作、イタリアで1883年に刊行された『ピノッキオの冒険』は、アニメ版とは趣がずいぶん違います。棒っきれから作られたピノッキオは、誘惑に屈してばかり。騒動に次ぐ騒動を巻き起こし、ジェペットさんをはじめ周囲の大人たちを裏切り続けます。作家カルロ・コッローディは、子ども向けの本のなかで、社会の残酷さ、貧困、不正義と不条理をも容赦なく描いているのです。この『ピノッキオの冒険』は子どもたちに大人気となり、イタリアの国民的童話となったのみならず(真偽はともかく「イタリアではどんな家庭にも聖書と『ピノッキオの冒険』はある」といわれるほど)、世界中で260以上の言語に訳され、100年以上も読まれ続けているのです。
 今回の読書会では、本書を新訳された大岡玲先生をお招きし、作品が書かれた背景や作家のことについて解説していただき、この「悪たれ小僧」ピノッキオの魅力について、たっぷりと語っていただきます。
(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書籍Kinoppyとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)、第51回です。


○日時:2019年3月29日(金)18:30~ (開場18:15)
○場所:紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
○定員:50名
○参加費:無料
○参加方法:2019年3月10日(日)午前10:00より2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。
○お問い合わせ 新宿本店2階カウンター 03-3354-5702

*イベントは1時間30分~2時間程度を予定しております。
*トーク終了後ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします(為書きは入れられませんのでご容赦ください)。
*19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師紹介:大岡玲(おおおか・あきら)1958年、東京生まれ。小説家。東京外国語大学イタリア語科卒、同大学院修了。1989年『黄昏のストーム・シーディング』で三島賞、1990年『表層生活』で芥川賞受賞。著書はほかに『ヒ・ノ・マ・ル』『森の人』『ブラック・マジック』『本に訊け!』『男の読書術』『たすけて、おとうさん』『不屈に生きるための名作文学講義 本と深い仲になってみよう』など多数。訳書に『アモンティラードの樽その他』(ポー)、『月と六ペンス』(モーム)、『王子シッダールタ』(ケンディ)全3巻などがある。

ピノッキオの冒険

ピノッキオの冒険

カルロ・コロ-ディ、大岡玲 / 光文社
2016/11出版
ISBN : 9784334753436
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

一本の棒っきれから作られた少年ピノッキオは、誘惑に屈してばかりで騒動に次ぐ騒動を巻き起こす。父ジェッペットさんをはじめ周囲の大人たちを裏切り続ける悪たれ小僧の運命は?19世紀後半イタリア国家統一の時代、子どもに対する切なる願いを込めて書かれた児童文学の傑作。

男の読書術

男の読書術

大岡玲 / 岩波書店
2013/10出版
ISBN : 9784000259217
価格:¥2,484(本体¥2,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

男のロマン、男のヒーロー、男の憧れ、男の悩み...いつの時代も、何歳になっても、失われることのない、男たちが求めるもの。
それはすべて、本の中にある!毎日新聞での十六年間にわたる書評百三十余点から精選、さらに書下ろしのコラム「アキラの読み」六点を収録。
文理や東西の境をこえ、あらゆる本の山々を巡ってきた著者が極めた"男読み"の奥義。
男はこう読む、これを読む。
読書の遍歴こそ、男の騎士道

不屈に生きるための名作文学講義 本と深い仲になってみよう

不屈に生きるための名作文学講義 本と深い仲になってみよう

大岡玲 / ベストセラーズ
2016/03出版
ISBN : 9784584124994
価格:¥920(本体¥852)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ビョーキなほど本の「偏愛者」である作家、大岡玲が体当たりで描く「名作文学」のトリセツ(取扱説明書)全25講。
「本と深い仲になる」とは、「自分以外の誰かを生きる」ことであり、「本と友だち」になる経験だ、と著者は説く。
神なき時代の弱き人間の姿をピノッキオに重ね合わせ読み解くなど、不朽の名作文学が、生き延びるための知恵として私たちの前に、いまよみがえる!

たすけて、おとうさん

たすけて、おとうさん

大岡玲 / 平凡社
2015/07出版
ISBN : 9784582836912
価格:¥1,944(本体¥1,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

古今東西の名作から今を切り取る実験的な12の創作。
柔らかい語りに強烈な毒を含む、痛烈で新鮮な社会への警告。
13年ぶりの小説!

2019.03.09 イベントに行こう  あの人が来る! 東京!!