【新宿本店】 ※配布終了※『いつもそばには本があった。』刊行記念 國分功一郎さん×互 盛央さんトーク&サイン会(2019年3月28日)

予定数に達したため、整理券の配布は終了いたしました。ありがとうございました。
『いつもそばには本があった。』刊行記念
國分功一郎さん×互 盛央さんトーク&サイン会


私たちが大学に入ったとき、すでに「現代思想ブーム」は去っていましたが、その余韻が残っていた1990年代に「人文学」に魅了された私たちを、時に興奮させ、時に惑わせ、そうして今日まで導いてくれた数多くの本の記憶があります。
この四半世紀で知をめぐる状況は大きく変わりました。書物そのものではなく「書物の記憶」や「書物という経験」をめぐって交互に綴られた16のエッセイから成る今回の本で、私たちは改めて「人文学」と「人文書」について考え、記しています。
このイベントでは、本書の誕生秘話や、本書には書ききれなかったさまざまなエピソードまで、存分に語りたいと思っています。ぜひお楽しみください。


metier700_cover+obi.jpg

     日  時|2019年3月28日(木)  19:00開演 18:45開場 

     会  場|紀伊國屋書店新宿本店9階 イベントスペース

     参加方法|参加には整理券が必要です。(先着50名)

     対象書籍|『いつもそばには本があった。』(講談社選書メチエ 税込972円)

     ※整理券はお1人様1枚までとさせていただきます。
     ※整理券の数には限りがございます。なくなり次第、配布を終了させていただきます。


【整理券配布】


3月12日(火)より2階中央レジカウンターにて、『いつもそばには本があった。』(講談社選書メチエ 税込972円)をお買い上げの方に整理券をお渡しします。

整理券の残部がある場合に限り、お電話での予約を3月13日(水)10:00より承ります。店頭で参加券の配布が終了した場合はお電話での予約は受付けません。ご了承ください。
2階売場直通TEL:03-3354-5702(10:00-21:00)

お電話で予約されたお客様はイベント当日までに2階レジカウンターで『いつもそばには本があった。』(講談社選書メチエ 税込972円)をお買い上げのうえ整理券をお受け取りください。

※当日は対象書籍と整理券を忘れずにお持ちください。
※当店に繋がる他の電話番号にかけられても整理券のご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。





【プロフィール】

kokubun.jpg國分功一郎(こくぶん・こういちろう)

1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。現在、東京工業大学教授。専門は、哲学・現代思想。著書に、『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社、増補新版:太田出版)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波現代全書)、『中動態の世界』(医学書院。小林秀雄賞)ほか。訳書に、ジャック・デリダ『マルクスと息子たち』(岩波書店)ほか。

tagai.jpg互 盛央(たがい・もりお)

1972年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。現在、講談社勤務。専門は、言語論・思想史。著書に、『フェルディナン・ド・ソシュール』(作品社。和辻哲郎文化賞、渋沢・クローデル賞)、『エスの系譜』(講談社、のち講談社学術文庫)、『言語起源論の系譜』(講談社。サントリー学芸賞)、『日本国民であるために』(新潮選書)。


*定員に達し次第、整理券の配布を終了させて頂きます。終了のご案内は当HPおよびツイッターにて速やかに行います。

*ご入場は整理券番号順ではございません。お並び頂いた方からご案内いたします。

*トーク終了後、サイン会を開催いたします。参加ご希望の方は、当日は整理券と一緒に『いつもそばには本があった。』をお持ちくださいませ。

*イベント会場での撮影・録音は一切お断り致します。

*整理券の紛失に伴う再発行は一切致しかねます。

*お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済み整理券および書籍の払い戻しは致しかねます。

*お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

2019.03.06 イベントに行こう  東京 関東