【新宿本店】 紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session#50 「いま、息をしている言葉で。――光文社古典新訳文庫のこれまでとこれから」 講師:光文社古典新訳文庫創刊編集長・駒井稔(2019年2月28日)

駒井写真.jpg

2006年9月の創刊以来、「いま、息をしている言葉で、もういちど古典を」をモットーに東西の古典作品を新訳刊行してきた光文社古典新訳文庫。100万部を突破したドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』などの小説のみならず、プラトンやカントなどの哲学書、ダーウィン『種の起源』などの自然科学まで幅広いジャンルを網羅し、今年秋には刊行冊数も300冊に達する見込みです。
昨年10月には、前編集長である駒井稔が古典新訳文庫創刊までの経緯を綴った『いま、息をしている言葉で。』も而立書房より刊行され、新聞・ウェブなどで好評を得ています。
今月50回目を迎える紀伊國屋書店Kinoppy&光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Sessionでは、光文社古典新訳文庫創刊編集長の駒井稔が、あらためて創刊の意図やこれまでの四方山話、今後の展望について語りつつ、会場のみなさまからの質問にもお答えします(当日の会場での受付時に、質問をご提出あるいは備え付け用紙にご記入頂きます)。
(進行:光文社古典新訳文庫編集長 中町俊伸)

 

○日時:2019年2月28日(木)18:30~ (開場18:15)
○場所:紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
○定員:50名
○参加費:無料
○参加方法:2019年2月9日(土)午前10:00より2階レジカウンターにてご予約を承ります。 お電話でのご予約も同日より承ります。
○お問い合わせ 新宿本店2階カウンター 03-3354-5702

*イベントは1時間30分~2時間程度を予定しております。
*19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師紹介:駒井稔(こまい・みのる)1956年横浜生まれ。慶應義塾大学文学部卒。1979年光文社入社。広告部勤務を経て、1981年「週刊宝石」創刊に参加。ニュースから連載物まで、さまざまなジャンルの記事を担当する。1997年に翻訳編集部に異動。2004年に編集長。2年の準備期間を経て2006年9月に古典新訳文庫を創刊し、10年にわたり編集長を務めた。現在、光文文化財団に勤務。著書に『いま、息をしている言葉で。 「光文社古典新訳文庫」誕生秘話』。

いま、息をしている言葉で。 「光文社古典新訳文庫」誕生秘話

いま、息をしている言葉で。 「光文社古典新訳文庫」誕生秘話

駒井稔 / 而立書房
2018/10出版
ISBN : 9784880594101
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ドストエフスキー、カント、親鸞......なぜ、21世紀に古典が蘇ったのか!? 光文社古典新訳文庫・創刊編集長の奮戦記。
古典はもはや読むに値しないのだろうか、いや、噛めば噛むほど味わい深く、そこには人がものを考えるためのエッセンスが凝縮されている。
古典にこそ読書の醍醐味はある。
そんな信念のもと、数多ある外国文学・思想を新訳し、文庫シリーズとして刊行する企画を立ち上げた。
企画段階では「そんなの夢ですよ」と一蹴され、制作に入ると文学性とビジネスの板挟みに苦悶しながらも、訳者と肩を並べて翻訳を練りに練る。
編集長を退いた後も販促イベントを積極的に企画し、市場の活性化をはかる......。
道なきところに道を拓く、光文社古典新訳文庫・創刊編集長の奮戦記。

2019.02.09 イベントに行こう  あの人が来る!! 東京