【新宿本店】 『日本の国益』(講談社現代新書)刊行記念 小原雅博先生講演会(2018年11月5日)

『日本の国益』(講談社現代新書)の刊行を記念して、
小原雅博先生の講演会を開催いたします。


トランプ大統領が「アメリカ第一」を叫び、習近平国家主席が「核心利益」を連呼する。戦後国際秩序を支えてきた超大国に陰りが見える一方で、台頭する赤い大国が影響力を強める。米中両大国の闘争は貿易から軍事へと広がり、新冷戦が幕を開けた。
 国益と国益がぶつかり合う時代、日本外交はどうあるべきか?


2494.jpg2494.jpg
      日 時|2018年11月5日(月) 19:00開演 18:45開場

      会 場|紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース

      参加料|◆500円

      受 付|10月16(火)よりお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)


ご予約電話番号:03-3354-0131新宿本店代表番号(10:00~21:00)
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。


【プロフィール】
小原雅博
小原雅博プロフィール.jpg
東京大学 大学院法学政治学研究科 教授 (担当:現代日本外交)
1980年外務省入省。アジア大洋州局審議官、在シドニー総領事、在上海総領事などを歴任。2015年より現職。東京大学文学部卒、カリフォルニア大学バークレー校にて修士号(アジア学)取得、立命館大学から博士号(論文博士 国際関係学)を授与される。
著書に、『東アジア共同体』(日本経済新聞社)、『国益と外交』(日本経済新聞社)、『「境界国家」論』(時事通信出版局)、『日本走向何方(日本はどこへ向かうのか?)』(中信出版社、中国語)、『外交官の父が伝える素顔のアメリカ人の生活と英語』、『15歳からの外交官が書いた国際問題がとりあえず全部わかる本』、『チャイナ・ジレンマ』(以上、ディスカヴァー21)などがある。
新刊(2018年9月)として、『日本の国益』(講談社現代新書)。
その他、新聞、雑誌、テレビ等で外交問題について見解を発表。中国上海の復旦大学の客員教授、立命館大学や立命館アジア太平洋大学(APU)の客員教授も務める。







◆注意事項◆
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。終了のご案内は当HPおよびツイッターにて速やかに行います。
*ご入場の際はお並び頂いた方からご案内いたします。
*トーク終了後、サイン会を開催いたします。著作『日本の国益』は会場で販売いたします。
*席は自由席になります。
*イベント会場での撮影・録音は一切お断り致します。
*お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。


2018.10.13 イベントに行こう  東京 関東