【新宿本店】 『Confusion』(書肆侃侃房)刊行記念 加藤治郎×山本浩貴(いぬのせなか座)トークイベント(2018年6月16日)

『Confusion』(書肆侃侃房)の刊行を記念して、
加藤治郎さん(歌人)、山本浩貴さん(いぬのせなか座)
トークイベントを開催致します!



       歌人・加藤治郎さんと、本書の装幀とレイアウトを手がけられた
       「いぬのせなか座」山本浩貴さんが
       『Confusion』について、詩歌について、語りつくします。



519whYg2k7L.jpg
日 時|2018年6月16日(土) 15:00開演 14:45開場

会 場|紀伊國屋書店新宿本店9階イベントスペース

参加料|◆500円

受 付|5月19日(土)午前10時よりお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)


ご予約電話番号:03-3354-5702
新宿本店2階売場直通番号(10:00~21:00)

※当店に繋がる他の電話番号にかけられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。



<プロフィール>
加藤治郎(かとう・じろう)

加藤治郎.jpg
1959年、名古屋市に生まれ、現在も在住。未来短歌会選者、毎日歌壇選者。



山本浩貴(やまもと・ひろき)

いぬのせなか座山本写真.jpg
撮影=西田香織

1992年生まれ。言語表現を軸とするグループ「いぬのせなか座」主宰。同メンバーのhとともに、デザインや編集、パフォーマンスの制作を行うほか、雑誌等へ批評や詩を寄稿。主なテクストに「生(活)の配置、〈調べ〉の気づき必然の混雑なる場をもたらす詩の形式について」(『ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所』左右社、2017年)、「空白の料理 私の部屋の配置によって染み込む死への温もりと、花畑を何重にもつみかさねた実験場で見られる新たな系の制作」(『ユリイカ』2017年6月号)など。主なデザインに「現代詩アンソロジー「認識の積み木」」(『美術手帖』2018年3月号)、「影どもの住む部屋――瀧口修造の書斎」(展覧会ポスター・DM・パンフレット・リスト、慶應義塾大学アート・センター、2018年)など。


【注意事項】
・イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。

・イベント会場での録音は固くお断りします。

・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。

・イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承下さい。

・定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

2018.05.19 イベントに行こう  文学 東京 関東