【新宿本店】 *受付終了*紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session #37 恋愛小説『マノン・レスコー』の時を超える魅力 講師:野崎歓先生(2018年1月26日)

野崎先生.jpgのサムネール画像
身を滅ぼすまでに愛し合った男女の恋愛悲劇――プレヴォ『マノン・レスコー』は18世紀フランス小説の傑作であり、当時ヨーロッパで熱狂的人気を博したのみならず、その後300年近くも世界中で読み継がれてきました。オペラや映画の原作としても知られています。これまで本作は、男の運命を狂わす「宿命の女(ファム・ファタール)」を扱った作品と紹介されることも多かったのですが、今回の野崎歓さんによる新訳を読むと、愛し合う二人の心が、いかなる類型化からも逃れるほどに自由で、情熱的であることがうかがえます。
 今回の読書会では、『マノン・レスコー』の読まれ方の変遷や、時を超えて読み継がれる魅力について、訳者の野崎歓さんにたっぷりと語って頂きます。
(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書店KINOPPYとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)、第37回です。
*定員に達した為受付を終了させて頂きました。たくさんのお申込みありがとうございました*

 

○日時:2018年1月26日(金)18:30~ (開場18:15) 

○場所:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース

○定員:50名  

○参加費:無料

○参加方法:2017年12月30日(土)午前10:00時より2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。

○お問い合わせ 新宿本店2階カウンター 03-3354-5702

*イベントは1時間30分~2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします。
*19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師紹介:野崎 歓(のざき・かん)
1959年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなど幅広く手がけている。著書に『異邦の香り―ネルヴァル「東方紀行」論』『フランス文学と愛』『赤ちゃん教育』『アンドレ・バザン―映画を信じた男』『夢の共有―文学と映画と翻訳のはざまで』ほか。訳書に『ちいさな王子』(サン=テグジュペリ)、『赤と黒』(スタンダール)、『うたかたの日々』(ヴィアン)、『地図と領土』(ウエルベック)、『映画とは何か』(バザン、共訳)など多数。

マノン・レスコ-

マノン・レスコ-

アントア-ヌ・フランソア・プレヴォ-・デ、野崎歓 / 光文社
2017/12出版
ISBN : 9784334753665
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

2017.12.30 イベントに行こう  東京 読書会!!