【新宿本店】 『崩れる脳を抱きしめて』刊行記念 知念実希人さん×げみさん トーク&サイン会(2017年9月24日)

『崩れる脳を抱きしめて』刊行記念
知念実希人さん×げみさん トーク&サイン会

kuzureru_cover_01s_in.jpg

シリーズ累計75万部突破中の『仮面病棟』『時限病棟』など、今最も注目を集める作家・知念実希人さんが待望の単行本『崩れる脳を抱きしめて』を刊行します。この刊行を記念して、数々のヒット作の装画を手がける人気イラストレーターであり、同作品の装画も担当した<げみ>さんと知念実希人さんのトーク&サイン会を実施します。
当日のサイン会に参加していただいたお客様には素敵な特典をプレゼント(予定)。エンタメ小説界のビッグ2による夢のようなイベントに、ぜひご参加ください!




日  時|2017年9月24日(日) 14:00~

会  場|紀伊國屋書店新宿本店1階ひろば特設会場

参加方法|
トークショー:無料でご観覧いただけるイベントです。どなたでもご自由にご観覧いただけます。
サイン会:紀伊國屋書店新宿本店にて新刊『崩れる脳を抱きしめて』(実業之日本社 税込1,296円)をお買い上げの方がご参加いただけます。対象書籍は当日会場でも販売いたします。事前にご購入の場合はレシートをご持参くださいませ。
※特典プレゼントの対象も『崩れる脳を抱きしめて』を紀伊國屋書店新宿本店にてご購入のお客様に限ります。

お問い合わせ電話番号:03-3354-5701

新宿本店1階売場直通(10:00~21:00)


【出演者プロフィール】
知念さん告知用.jpg知念実希人(ちねん・みきと) 

1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2011年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を『レゾン・デートル』で受賞。12年、同作を改題、『誰がための刃』で作家デビュー。「天久鷹央」シリーズが人気を博す。15年『仮面病棟』が啓文堂文庫大賞を受賞、ベストセラーに。他の著書に、『優しい死神の飼い方』『螺旋の手術室』(『ブラッドライン』を改題)『改貌屋 天才美容外科医・柊貴之の事件カルテ』『神酒クリニックで乾杯を』『あなたのための誘拐』『時限病棟』『屋上のテロリスト』などがある。今もっとも多くの読者に支持される、最注目のミステリー作家だ。

げみさんPF.jpgげみ

1989年、兵庫県三田市出身。東京在住。京都造形芸術大学美術工芸学科日本画コース卒業後、イラストレーターとして作家活動を開始。数多くの書籍の装画を担当、CDジャケットの制作を行なうなど、時代を代表する人気イラストレーター。画集に『げみ作品集』、近刊に『檸檬』(梶井基次郎、げみ)がある。




【注意事項】
・イベントは屋外での開催になるため、雨天など天候の状況によりお客様の安全を考慮して、サイン会のみの開催またはイベント自体の中止など、主催者の判断で変更することがあります。あらかじめご了承ください。
・イベント会場での録音は固くお断りします。
・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。

2017.09.13 イベントに行こう  東京 関東