【新宿本店】 紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session #32  『初恋』 トゥルゲーネフの魅力とその翻訳について 講師:沼野恭子先生(2017年8月28日)

沼野恭子先生.jpg
1860年に発表された『初恋』は、ドストエフスキーやトルストイが大作を次々と発表していた60年代においても際立った存在感を示していた傑作で、作者自身がもっとも愛した自伝的中編です。年上の公爵令嬢ジナイーダに一目で魅せられた16歳の少年ウラジーミル。彼の初恋の甘く切ないときめきやふるえが、主人公の回想のかたちで綴られます。今回はこの『初恋』という作品の魅力について、またトゥルゲーネフを日本で最初に紹介し、日本の近代小説の成立に大きな影響をおよぼした二葉亭四迷の翻訳について、翻訳者の沼野恭子さんに語ってもらいます。
(聞き手:光文社古典新訳文庫・創刊編集長 駒井稔)

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書店KINOPPYとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)、第32回です。

 

○日時:2017年8月28日(月)18:30~ (開場18:15) 

○場所:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース

○定員:50名  

○参加費:無料

○参加方法:2017年8月6日(日)午前10:00時より2階レジカウンターにてご予約を承ります。お電話でのご予約も同日より承ります。

○お問い合わせ 新宿本店2階カウンター 03-3354-5702

*イベントは1時間30分~2時間程度を予定しております。トーク終了後ご希望の方には講師の著書・翻訳書にサインをお入れします。
*19:30以降の入場はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師紹介
沼野恭子(ぬまの・きょうこ)
東京外国語大学教授。ロシア文学研究家、翻訳家。主著に『アヴァンギャルドな女たち--ロシアの女性文化』『夢のありか-「未来の後」のロシア文学』『ロシア文学の食卓』、主訳書に『ペンギンの憂鬱』(クルコフ)、『ソーネチカ』『女が嘘をつくとき』『子供時代』『それぞれの少女時代』(ウリツカヤ)『堕ちた天使--アザゼル』(アクーニン)』ほかがある。 .

初恋

初恋

イヴァン・セルゲ-ヴィチ・トゥルゲ-ネフ、沼野恭子 / 光文社
2006/09出版
ISBN : 9784334751029
価格:¥561(本体¥520)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら


2017.08.06 イベントに行こう  あの人が来る! 東京 !!