【新宿本店】 岡崎琢磨デビュー5周年『病弱探偵 謎は彼女の特効薬』刊行記念トーク&サイン会「ビョーキとミステリーの話をしよう」ゲスト/似鳥鶏(2017年8月2日)

岡崎琢磨デビュー5周年『病弱探偵 謎は彼女の特効薬』刊行記念トーク&サイン会
「ビョーキとミステリーの話をしよう」ゲスト/似鳥鶏


病弱探偵書影.jpg

2012年8月『珈琲店タレーランの事件簿』第1巻でのデビューから5年、気鋭のミステリー作家として活躍している岡崎琢磨さんが、新たなる名探偵を生み出した。女子高生の貫地谷マイは病気がちで学校は欠席続き、体調不良のためいつも機嫌が悪く高飛車だが、ベッドで謎を解くのが唯一の楽しみ。この強烈なキャラクターはいかにして生まれたのか。ミステリー界の健康優良児(?)、今年デビュー10周年の似鳥鶏さんをゲストに迎え、縦横無尽に語ります。

トーク終了後に、ゲストの似鳥鶏さんとともにサイン会を開催いたします。
似鳥さんの書籍は、当日会場でも販売しております。
似鳥さんのデビュー10周年記念リーフレットを、会場での作品の購入者特典として配布する予定です。




日  時|2017年8月2日(水)  19:00開始 18:45開場
 
会  場|紀伊國屋書店新宿本店8階 イベントスペース

参加方法|参加には整理券(先着50名)が必要です。

※整理券はお1人様1枚までとさせていただきます。
※整理券の数には限りがございます。なくなり次第、配布を終了させていただきます。



【整理券配布】

○店頭配布:7月19日(水)10:00より2階中央レジカウンターにて、『病弱探偵 謎は彼女の特効薬』(講談社 1,458円)をお買い上げの方に整理券をお渡しします。

○電話予約:お電話でのご予約は整理券に残部がある場合に限り7月20日(木)10:00より承ります。
2階売場直通TEL:03-3354-5702(10:00-21:00)


お電話で予約されたお客様はイベント当日までに2階レジカウンターで整理券をお求めください。

※当店に繋がる他の電話番号にかけられても整理券のご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。




【プロフィール】


岡崎琢磨(おかざき・たくま)
1986年福岡県生まれ。2012年、第10回『このミステリーがすごい!』大賞の"隠し玉"として『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(宝島社文庫)でデビュー。同書は'13年、第1回京都本大賞を受賞し、現在5作目まで刊行されているシリーズは累計200万部を突破するベストセラーになっている。他の著書に『季節はうつる、メリーゴーランドのように』(KADOKAWA/角川書店)『新米ベルガールの事件簿 チェックインは謎のにおい』(幻冬舎文庫)『道然寺さんの双子探偵』(朝日文庫)などがある。
岡崎さんクレジット.jpg


似鳥鶏(にたどり・けい)
1981年千葉県生まれ。2006年『理由(わけ)あって冬に出る』で第16回鮎川哲也賞に佳作入選しデビュー。ロジックとトリックを中心とした本格ミステリに定評があり、デビュー作の人気シリーズ「市立高校」シリーズ(創元推理文庫)、テレビドラマ化もされた「戦力外捜査官」シリーズ(河出書房新社)、「楓ヶ丘動物園」シリーズ(文春文庫)、『御子柴シリーズ』(講談社タイガ)など、複数の人気シリーズを精力的に発表している。2017年、デビュー10周年を迎え、ますますトークと小説の技術を研鑽中。
似鳥さんクレジット.png




◆注意事項◆
*定員に達し次第、整理券の配布を終了させて頂きます。終了のご案内は当HPおよびツイッターにて速やかに行います。
*席は自由席になります。
*イベント会場での撮影・録音は一切お断り致します。
*整理券の紛失に伴う再発行は一切致しかねます。
*お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済み整理券および書籍の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。
*お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

2017.07.17 イベントに行こう  東京 東北