【新宿本店】 『洗礼ダイアリー』刊行記念・文月悠光さん×穂村弘さんトークイベント 「洗礼前夜のふたり」(2016年9月27日)※整理券配布終了

『洗礼ダイアリー』刊行記念
文月悠光さん×穂村弘さんトークイベント
「洗礼前夜のふたり」

senrei_cov_obi.jpg文月悠光.jpg
文月悠光さん

穂村.png
穂村弘さん

初エッセイ『洗礼ダイアリー』を上梓した詩人の文月悠光さん。きっかけは、3年前の夏、穂村弘さんから言われた一言でした。エッセイストとして一歩を踏み出したばかりの文月さんが、歌人でエッセイストとしても活躍する大先輩の穂村さんと、書いて食べていくこと、詩歌と散文の違い、生きづらさや憧れなどをストレートに語り尽くします。


日時◆2016年9月27日(火) 19:00開演/18:45開場
会場◆紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
定員◆50名様 ※予定数に達した為、受付を終了させていただきました。
対象書籍◆『洗礼ダイアリー』(ポプラ社刊・本体1,400円+税)
参加方法◆9月6日(火)朝10時より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにて、対象書籍をお買い上げの先着50名様に参加整理券を配布いたします。
※整理券の配布は1冊につき1枚(1枚=1席)とさせていただきます。
※当日は自由席となります。
※トーク終了後サイン会を行います。サインは前列にお座りの方より行います。
※穂村弘さんのサインは『鳥肌が』(PHP研究所)、『穂村弘の、こんなところで。』(中経出版)にお入れします。
※サイン会のみの参加はお断りします。

電話予約◆お電話でのご予約は整理券に残部がある場合に限り、9月8日(木)朝10時より承ります。ご予約のお客様は2階レジカウンターにて対象書籍と参加整理券をお求めの上、開演時間までに8階の会場までお越しください。

電話番号◆新宿本店2階売場直通 03-3354-5702(10:00~21:00)


※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

注意事項◆
・整理券の紛失に伴う再発行は致しかねます。
・電話予約のみの方は、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。
・イベント会場での録音は固くお断りします。
・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。
・イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承下さい。
・定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

出演者プロフィール◆
文月悠光(ふづき・ゆみ)
詩人。1991年北海道生まれ。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少の18歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中に、第2詩集『屋根よりも深々と』を刊行。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動している。

穂村弘(ほむら・ひろし)
歌人。1962年北海道生まれ。上智大学文学部英文学科卒。1990年に第一歌集『シンジケート』を、1992年に第二歌集『ドライドライアイス』を刊行。90年代のニューウェーブ短歌運動を推進する。2002年には初のエッセイ集『世界音痴』を刊行し、エッセイストとしても高い評価を受ける。2008年、短歌論『短歌の友人』で伊藤整文学賞を受賞。近刊に『鳥肌が』がある。

(新宿本店・梅﨑実奈)

2016.08.30 イベントに行こう  くらし エンタメ 文学 社会 あの人が来る! おしゃれ ゆるふわ カワイイ 旬な人 笑える 美 東京 関東