【新宿本店】 「ユリイカ」2016年8月号「あたらしい短歌、ここにあります」刊行記念・瀬戸夏子さん×伊舎堂仁さんトークイベント ――「あたらしい短歌」の「あたらしさ」をめぐって(2016年9月17日)

短歌はいま、若手歌人たちの作品を中心に、歌壇を超えて、とりわけ若者の感性に強く訴えかける表現として注目されている。本特集は、旧来の高尚なイメージを越えた、新たな短歌の世界を一望する試み。

ユリイカ 第48巻第11号 詩と批評

青土社 (2016/07 出版)
ISBN:9784791703128
価格:¥1,404(本体¥1,300)

カートに入れる 本棚に登録 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「ユリイカ」2016年8月号
「あたらしい短歌、ここにあります」刊行記念
瀬戸夏子さん×伊舎堂仁さんトークイベント
――「あたらしい短歌」の「あたらしさ」をめぐって


歌壇の内外から豪華執筆陣を迎え、大きな話題を呼んだ『ユリイカ』2016年8月号の「特集*あたらしい短歌、ここにあります」(青土社)。その反響を受け、歌人の瀬戸夏子さんと伊舎堂仁さんによるトークイベントを開催します。
激烈なまでのポップさと、絶えず解釈の手をかわし続けるクールな前衛性を併せもった唯一無二の作風で注目を集める瀬戸夏子さん。
ときに大喜利的とも評されるエンターテインメント性を備えながら、狂気すれすれの抒情性をも孕む独特の言語感覚が魅力の伊舎堂仁さん。
短歌における「あたらしさ」とは何か、そしてそれは「どこ」にあるのか――今回の『ユリイカ』短歌特集が巻き起こしたこれらの問いを起点に、若手最前衛のお二人が、空前の「短歌ブーム」といわれる現在の状況に鋭く切り込みます。

日時◆2016年9月17日(土) 15:00開演/14:45開場
会場◆紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
定員◆50名様
参加料◆1000円
参加方法◆8月26日(金)午前10時より店頭またはお電話にてご予約を受付いたします。(先着50名様)
出演◆瀬戸夏子(歌人)・伊舎堂仁(歌人)・司会進行/梅﨑実奈(紀伊國屋書店新宿本店)

ご予約電話番号:03-3354-5702
新宿本店2階売場直通(10:00~21:00)

※当店に繋がる他の電話番号にかけられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
※間違い電話が頻発しています。上記の電話番号を今一度お確かめの上お掛け下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。
注意事項◆
・参加料1000円はイベント当日、会場にてお支払いいただきます。(お支払い方法は現金のみとさせていただきます)
・イベント会場は自由席となります。開場時間よりご入場いただいた方からお好きな席にお座りいただけます。
・イベント会場での録音は固くお断りします。
・お客様のご都合や交通機関の遅延により時間に遅れた方や、係員の指示に従っていただけない場合は、イベントへのご参加をお断りする場合がございます。
・イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承下さい。
・定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承下さい。

出演者プロフィール◆
瀬戸夏子(せと・なつこ)
1985年生まれ。2005年の春より作歌を始め、同年夏、早稲田短歌会に入会。その後2009年の創刊から2011年の解散まで同人誌「町」に参加し、現在「率」同人。2012年、第一歌集『そのなかに心臓をつくって住みなさい』(私家版)。2016年、第二歌集『かわいい海とかわいくない海end.』(書肆侃侃房)。

伊舎堂仁(いしゃどう・ひとし)1988年、沖縄生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。ネット短歌結社「なんたる星」所属。2014年、書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」より第一歌集『トントングラム』を上梓。

(新宿本店・梅﨑実奈)

2016.08.23 イベントに行こう  くらし アート 人文 文学 社会 売れてる! 旬な人 東京 関東