【新宿本店】 日本経済新聞出版社 『一流のサービスを受ける人になる方法』&『1日1杯の味噌汁が体を守る』刊行記念 、 いつかさん×車浮代さんトークイベント(2016年3月17日)※受付終了しました

『一流のサービスを受ける人になる方法』、『1日1杯の味噌汁が体を守る』(ともに日本経済新聞出版社)の刊行を記念して、いつかさん・車浮代さんのトークイベント&サイン会を開催します。

『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』や『成功する男はみな、非情である。』が12万部のベストセラーとなり、恋愛エッセイやビジネス書など、30冊以上の著書を持つ作家のいつかさんと、『春画入門』『蔦重の教え』がベストセラーとなり、TBS「所さんのニッポンの出番」に出演中の時代小説家&江戸料理・文化研究家の車浮代さんが、おもてなしや和の心、味噌汁健康法、本の制作の裏話について語ります。

○日時:平成28年3月17日(木) 19:00~20:30(予定)

○場所:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
※定員に達したため、受付を終了させていただきました

○整理券の配布: 
3月5日(土)朝10時より紀伊國屋書店新宿本店3階レジカウンターにおいて、『一流のサービスを受ける人になる方法』または『1日1杯の味噌汁が体を守る』をお買上げの方に参加整理券をお渡しいたします(お買上げ時にお申し出ください)。お電話でのご予約も承ります。
3階売場直通TEL:03-3354-5703

お電話で予約されたお客様はイベント開始までに3階レジカウンターで書籍をご購入の上、整理券をお受取りください。

※トークイベント終了後にサイン会を行います。
※トーク中の撮影・録音はお断り致します。
※整理券の紛失に伴う再発行は致しかねますのでご注意ください。
◎当日トークイベントにご参加いただいた皆様に、お帰りの際に著者よりプレゼントがございます。お楽しみに!


いつかさん写真3.jpg
いつか( Itsuka )
 東京生まれ。10代から広告・出版業界で、コピーライターとしてキャリアを積んだ後、2003年に作家デビュー。著書は電子書籍を含め、50冊を超える。恋愛・結婚についての辛口エッセーやビジネスマンの成功と孤独に焦点をあてたビジネス書など、幅広いジャンルの執筆活動をしている。また20歳の時、叔母を訪ねて渡米したことがきっかけで、旅行作家として世界50カ国以上を駆け巡り、各国、各界に多彩な人脈を持つ。テレビ・ラジオ出演、講演、トークショーなどでも活躍中。「角川いつか」として上梓した著書は多数ある。ベストセラーとなった『成功する男はみな、非情である。』(PHP研究所/だいわ文庫)、『別れたほうがイイ男 手放してはいけないイイ男』(PHP研究所)はアジア各国で翻訳された。日本アカデミー賞協会会員
http://www.itsuka-k.com

車さん写真.png
車浮代(くるま・うきよ)
時代小説家/江戸料理・文化研究家。大阪芸術大学デザイン学科卒業。セイコーエプソン(株)のグラフィックデザイナーを経て、故・新藤兼人監督に師事し、シナリオを学ぶ。現在は江戸文化に関する講演のほか、浮世絵展の監修、TVのレギュラーなども務める。著書にベストセラーとなった『春画入門』と『蔦重の教え』、江戸料理関連書に『江戸の食卓に学ぶ』『江戸のおかず12カ月のレシピ』などがある。近著は『超釈 北斎春画かたり』、『えんま寄席 江戸落語外伝』。国際浮世絵学会会員、日本ペンクラブ会員。

2016.03.05 イベントに行こう  くらし ビジネス Fun! あの人が来る! 東京