【新宿本店】 猪谷千香さん×鎌倉幸子さんトークイベント 「図書館のこれからを語る」(2014年6月25日)

猪谷さん鎌倉さん.png
昨今、様々な形の図書館が、全国で開館しています。図書館へのニーズも変化し、図書館が提供するサービスも多様になってきました。「今、図書館が変わりつつある」と感じている方は大勢いるのではないでしょうか。
 今回、多くの図書館を取材され、『つながる図書館』を上梓された猪谷千香さんに、変貌する図書館の最前線についてお話し頂きます。全国の様々な図書館施設やサービスを紹介してもらいます。次に、東日本大震災後、仮設住宅団地方々に向けた移動図書館事業を起こされ、『走れ!移動図書館』を上梓された鎌倉幸子さんに「東北の現場でどのような本のニーズがあったか」「本はどのように読まれたか」についてお話してもらいます。
 そして、お二人に、今、図書館に求められていることは何か、また、これからの図書館の存在意義について対談して頂きます。


○日時:平成26年6月25日(水) 18:30開演(18:15開場)
○場所:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース 
○定員:45名  ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
○参加料:1,000円(当日会場にてお支払い頂きます)
○参加方法:2014年6月5日(木)午前10:00時より2階レジカウンターにてご予約を承ります。
お電話でのご予約も同日より承ります。
ご予約電話番号:03-3354-5702
新宿本店2階文学・文庫売場(10:00~21:00)

※当店に繋がる他の電話番号におかけになられてもご予約は承れませんのでご注意下さい。
※イベントに関するお問い合わせも、上記の電話番号までお願いいたします。

*参加料1000円はイベント当日、会場受付にてお支払いいただきます。
*イベント終了後、猪谷千香著「つながる図書館」及び鎌倉幸子著「走れ!移動図書館」(ともに筑摩書房刊)をお持ちのお客様対象にサイン会を行います。サイン対象書籍は上記2点のみとなります。

<出演者プロフィール>
猪谷千香(いがや・ちか)
東京生まれ、東京育ち。明治大学大学院博士前期課程考古学専修修了。産経新聞で長野支局記者、文化部記者などを経た後、ドワンゴコンテンツでニコニコ動画のニュースを担当。2013年4月からハフィントン・ポスト日本版でレポーターとして、公共図書館や地方自治などについて取材している。著書に『日々、着物に割烹着』『つながる図書館』(筑摩書房)、共著に『ナウシカの飛行具、作ってみた』(幻冬舎)などがある。

鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
青森県生まれ。8年間シャンティ国際ボランティア会カンボジア事務所で本の出版、図書館活動に従事。東日本大震災直後に岩手県に入り、移動図書館事業を立ち上げた。現在、東日本大震災図書館事業のアドバイザー兼シャンティ国際ボランティア会広報課長。


2014.05.31 イベントに行こう  社会 あの人が来る!! 東京