【新宿本店】 小林章さんトークイベント開催(2013年11月19日)

まちモジ表紙.jpg小林章さん写真.jpg
『まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか』(グラフィック社)の刊行を記念して、小林章さんのトークイベントを開催致します。

ブランドのロゴの秘密を書体デザインの視点から解き明かしたベストセラー『フォントのふしぎ』の第二弾は
『まちモジ』です。
世界で活躍するタイプディレクター/書体デザイナーの小林章さんが世界の街角で撮影した標識や看板の文字に
ついて語ります。


日時 : 2013年11月19日(火) 19:00~20:30(開場 18:30)
場所 : 紀伊國屋書店新宿本店 8階 イベントスペース
定員 : 40名
入場料 : 1,000円(当日、会場にて、お支払い頂きます)
出演:小林 章(『まちモジ』筆者/モノタイプ社タイプディレクター)

定員になりましたので、予約は終了させて頂きます。ありがとうございました。
●予約方法
2013年10月26 日(土 ) 午前10時より、
紀伊國屋書店新宿本店7階カウンターにて受付を開始致します。
(お電話も可。7階売場直通 03-3354-0757)
定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

●内容
前半は、新刊書籍『まちモジ』に掲載した世界各国の街文字をスライドで見せながら、
筆者の小林章さんが書体デザイナーの視点から解説します。
後半は、小林さんの普段のお仕事である書体デザインやフォントの選び方のお話、最後に質疑応答を行ないます。
トークイベント終了後は、会場で小林さんの著書をご購入の方に限り、サイン会を開催する予定です。

●小林章(コバヤシ・アキラ)プロフィール
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。 1983年から1989年まで株式会社写研で書体デザインに携わった後、
1989年から約1年半、ロンドンでカリグラフィやタイポグラフィを学ぶ。1990年に帰国後は日本のフォントメーカーで働き、その後フリーランスとなって欧文書体を発表する。 世界的な書体デザインコンテストで2度グランプリを受賞したのをきっかけに、2001 年にライノタイプ社(2013 年に社名をモノタイプに変更)のタイプディレクターに就任。
現在、ドイツ在住。書体の品質管理のほか、自身のオリジナル書体の制作、有名な書体デザイナーであるヘルマン・ツァップ氏やアドリアン・フルティガー氏と共同での書体開発、過去の書体ファミリーの改刻、企業制定書体(コーポレートタイプ)の開発を担当している。欧米、アジアを中心に講演やフォントデザインワークショップを行っているほか、世界的なタイプフェイスデザインコンテストの審査員も務めている。

著書『欧文書体:その背景と使い方』『欧文書体2:定番書体と演出法』
『フォントのふしぎ:ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?』。
(新宿本店 田中章弘)

2013.10.26 イベントに行こう