劇場・出版・映像事業

書籍の販売以外にも、紀伊國屋書店では、劇場の運営、映像商品や出版物の製作・発行等、幅広い文化の担い手として、さまざまな事業を行なっています。

紀伊國屋ホール・サザンシアター・画廊

1964年、紀伊國屋書店新宿本店ビル竣工と同時に開場した紀伊國屋ホールには、以来、文学座、民藝、俳優座、青年座、こまつ座など、日本演劇界を代表する劇団が次々と登場。
若手新進劇団にも広く舞台を開放。
つかこうへい、野田秀樹、鴻上尚史、三谷幸喜ほかを送り出し、「新劇の甲子園」とも呼ばれています。
また、1996年には、紀伊國屋サザンシアターが開場、紀伊國屋ホール同様、高い評価をいただいています。
1966年創設の「紀伊國屋演劇賞」は民間で最高の演劇賞として、高い評価を受けています。

紀伊國屋ホール 新宿本店4F TEL 03(3354)0141
紀伊國屋サザンシアター タカシマヤタイムズスクエア南館7F TEL 03(5361)3321
キノチケットカウンター 新宿本店5F TEL 03(3354)0141

紀伊國屋ホールphoto-hall01

映像商品

「メトロポリス 完全復元版」

「ライブラリービデオシリーズ」から始まった紀伊國屋書店の映像事業は、学術資料として価値の高いシリーズや、また一般ユーザーを対象としたセルDVDの企画・制作へと展開を広げてきました。
2001年からは「紀伊國屋DVDレーベル」の刊行を開始。本2011年に10周年を迎えます。
『ゴダール 映画史』、『テオ・アンゲロプロス全集』、『ビクトル・エリセDVD-BOX』など映画芸術的な名作を主体に、『国民の創生』、『戦艦ポチョムキン』などクラシック映画を最高の状態でご提供する〈Critical Edition〉、『DVD-BOX 大島渚』『若松孝二初期傑作選』などの日本映画作品、『バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット』『メトロポリス 完全復元版』などのBlu-rayタイトルを刊行。その他、『いのちの食べかた』『犬と猫と人間と』などカルチャー系作品の他、現代日本映画、歌劇やアニメーションなど、600タイトルを超える充実したラインナップを揃えております。
また、2009年からは洋画配給を開始。『アンナと過ごした4日間』『シルビアのいる街で』『ソフィアの夜明け』など、世界中の傑作映画を選りすぐって皆様にお届けしております。その他、DVDネットレンタルの実施や、出版部から「紀伊國屋映画叢書」が刊行となるなど、紀伊國屋書店の映像事業は、映画ファンからの熱い期待を集めています。

出版物

出版物

紀伊國屋書店出版部は、1955年にテンジン『ヒマラヤの男』を刊行して以来、「良書」の普及を目標に、フロム『愛するということ』、ドーキンス『利己的な遺伝子』など、多くのロングセラーを刊行してまいりました。
哲学や心理学分野をはじめ、最新の科学の知見についての入門書や啓蒙書を手がけるとともに、PR誌『scripta』を季刊で刊行し、新進気鋭の著者の発掘にも力を注いでいます。
最近では、ロールズ『正義論 改訂版』の新訳、上野千鶴子『女ぎらい――ニッポンのミソジニー』などが話題となったほか、小社初のビジネス書、モッテルリーニ『経済は感情で動く』がベストセラーとなり、従来の出版分野にとどまらない新しい読者の創出に取り組んでおります。