イベントに行こう

第163回芥川賞・直木賞の候補作をご紹介いたします。

受賞作決定!
 ⇒結果はこちらをご覧ください。(2020/7/15)

第163回芥川賞・直木賞(2020年上半期)の候補作が発表されました。
結果は2020年7月15日(水)午後2時より都内にて選考委員会が開催され、発表されます。
今回の受賞作はどの作品でしょうか。
予想を楽しみながらお待ちください。


《第163回芥川龍之介賞 候補作》

赤い砂を蹴る

赤い砂を蹴る

石原燃 / 文藝春秋
2020/07出版
ISBN : 9784163912363
価格:¥1,540(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら


お母さん、聞こえる? 私は生きていくよ――幼くして死んだ弟、世間に抗い続けた母。ブラジルの大地に母娘のたましいの邂逅を描く。
電子版はこちら

アウア・エイジ

アウア・エイジ

岡本学 / 講談社
2020/07出版
ISBN : 9784065208397
価格:¥1,540(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

一緒に、塔を探しに行かないか? 
生き迷う男。謎を残して死んだ女。...大学教師の私に届いた、学生時代にバイトをしていた映画館からの招待状。
映写室の壁に貼られたままの写真に、20年前の記憶がよみがえる
電子版はこちら

首里の馬

首里の馬

高山羽根子 / 新潮社
2020/07出版
ISBN : 9784103533818
価格:¥1,375(本体¥1,250)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

この島のできる限りの情報が、いつか全世界の真実と接続するように――。沖縄の古びた郷土資料館に眠る数多の記録。遠く隔った場所にいる友とのオンライン通話。台風の夜にあらわれた幻の宮古馬。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが切実に胸にせまる感動作。
電子版はこちら

破局

破局

遠野遥 / 河出書房新社
2020/07出版
ISBN : 9784309029054
価格:¥1,540(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

欲望を捨て、感情のゾンビになれ――母校のラグビー指導、公務員試験、そして新たな恋。順調な私を阻むものは、私自身に他ならない。
電子版はこちら

三木三奈「アキちゃん」『文學界』2020年5月号掲載


書籍データが取得できませんでした。タグおよびISBNを確認してください。


《第163回直木三十五賞 候補作》

雲を紡ぐ

雲を紡ぐ

伊吹有喜 / 文藝春秋
2020/01出版
ISBN : 9784163911311
価格:¥1,925(本体¥1,750)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

家出をした高二の美緒は盛岡で毛織物の工房を営む祖父の家に駆けこむ。雲を紡ぎ、光を染め、風を織る中で少女は希望を見つけていく。
電子版はこちら

じんかん

じんかん

今村翔吾 / 講談社
2020/05出版
ISBN : 9784065192702
価格:¥2,090(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした青年武将は、なぜ稀代の悪人となったか?時は天正五年(一五七七年)。ある晩、天下統一に邁進する織田信長のもとへ急報が。信長に忠誠を尽くしていたはずの松永久秀が、二度目の謀叛を企てたという。前代未聞の事態を前に、主君の勘気に怯える伝聞役の小姓・狩野又九郎。だが、意外にも信長は、笑みを浮かべた。やがて信長は、かつて久秀と語り明かした時に直接聞いたという壮絶な半生を語り出す。大河ドラマのような重厚さと、胸アツな絆に合戦シーン。ここがエンターテインメントの最前線!
電子版はこちら

稚児桜 能楽ものがたり

稚児桜 能楽ものがたり

澤田瞳子 / 淡交社
2019/12出版
ISBN : 9784473043597
価格:¥1,870(本体¥1,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

歴史小説家・澤田瞳子が月刊『なごみ』で2年間にわたって連載した小説『能楽ものがたり』を単行本化。能の名曲を下敷きに創作した8編を収録。
1「やま巡り―《山姥》」/2「小狐の剣―《小鍛冶》」/3「稚児桜―《花月》」/4「鮎―《国栖》/5「猟師とその妻―《善知鳥》」/6「大臣の娘―《雲雀山》」/7「秋の扇―《班女》」/8「照日の鏡―《葵上》」
電子版はこちら

銀花の蔵

銀花の蔵

遠田潤子 / 新潮社
2020/04出版
ISBN : 9784103198321
価格:¥1,870(本体¥1,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

絵描きの父と料理上手の母と暮らす銀花は、一家で父親の実家へ移り住むことに。そこは、座敷童が出るという言い伝えの残る、歴史ある醤油蔵だった。家族を襲う数々の苦難と一族の秘められた過去に対峙しながら、昭和から平成へ、少女は自分の道を歩き出す。実力派として注目の著者が描く、圧巻の家族小説。
電子版はこちら

少年と犬

少年と犬

馳星周 / 文藝春秋
2020/05出版
ISBN : 9784163912042
価格:¥1,760(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の守り神になった―男と犬。仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指す―泥棒と犬。壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいた―夫婦と犬。体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だった―娼婦と犬。老猟師の死期を知っていたかのように、その犬はやってきた―老人と犬。震災のショックで心を閉ざした少年は、その犬を見て微笑んだ―少年と犬。犬を愛する人に贈る感涙作。
電子版はこちら

2020.06.18 注目の本