イベントに行こう

【PR】<文芸社> 紀伊國屋書店37店舗一斉ブックフェア 開催中! 2019年3月31日まで

文芸社_本_2019.png

2019年3月31日まで、紀伊國屋書店37店舗で「文芸社 春の本だより 紀伊國屋書店37店舗一斉ブックフェア」を開催中です。

新鋭作家それぞれの想いが込められた、バラエティに富んだ20タイトル。ぜひ店頭でご覧ください。
紀伊國屋書店ウェブストアでもご購入いただけます。


【フェア出展タイトル(順不同)】

シュメ-ル幻想論

シュメ-ル幻想論

秋生騒 / 文芸社
2018/08出版
ISBN : 9784286196312
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

日本人の祖はシュメール人である。
史実の隠蔽を追究し日本史の真相に迫る幻想的仮説。

歴史の中で姿を消した「シュメール民族」......彼らは一体、どこへ行ったのか? 遠いメソポタミアの地シュメールと、東アジアの端にある日本列島のどちらも「葦の国」であるなど、実は日本とシュメールとの間には宗教、文化、言語などの面で共通点が多い。日本史の根拠とされる『古事記』『日本書紀』をはじめとする書物の矛盾や不審点を指摘し、日本史の真実を探る壮大な歴史論!

続編白いカラスとミコの護符 上巻

続編白いカラスとミコの護符 上巻

堂夢真子 / 文芸社
2018/07出版
ISBN : 9784286195858
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

大学生になった神子ハヤミ。
両親の過去、祖母の残した言葉の意味を探し求めていく。

龍と共にあるハヤミナオユキ、炎をまとう鳥が視えるタカシ、白虎を感じるケイスケ、玄武を呼び出すセイイチロウ。この現象は、ハヤミと関連するが、何の意思を告げようとしているのか。母代わりだったマキが家を出て、ハヤミはいっそう自分の疑問に没頭するようになる。自分の宿命について、両親の過去について、そして神子の役割と、そのために手放さなければならなかったものについて。

続編白いカラスとミコの護符 下巻

続編白いカラスとミコの護符 下巻

堂夢真子 / 文芸社
2018/07出版
ISBN : 9784286195865
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ハヤミと、彼を守り、魅了されている友達と大人たちとの物語。
グランドフィナーレ。

ハヤミ家の神子のご神託が昨年はなかった。それが心もとなく、「守り人」である大学生たちも、住職、宮司たちも不安な様子を隠せない。四神の動きが活発になり、結界を張って街の安全祈願に取り組む彼ら。そして明らかになる、ハヤミの謎。──神子をやめ、一人の人間として生きていきたいと願うハヤミ。繊細な主人公と、彼を守り、魅了されている友達や大人たちの壮大な物語が完結。

楽しい日になあれ

楽しい日になあれ

村田忠子 / 文芸社
2018/03出版
ISBN : 9784286190501
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

草花、小鳥、虫たち、
道すがらの風景や人との出会いを切り取ったイラストエッセイ集。

うぐいす/ペチュニア、ガーデンシクラメン/チロちゃんと八ツ手の木/梅雨の庭で/負けの勝負/一期一会/お誕生日と過ぎゆく日々/九月の午後/山鳩/ひよどり......。庭の草花や飛んでくる小鳥、季節の虫たち、そして散歩や買い物で出かける道すがらの風景や人との出会いの風景を、そっと切り取ったようなエッセイ集。著者のイラストも掲載。

若林三丁目の奇蹟

若林三丁目の奇蹟

山本朱美 / 文芸社
2018/10出版
ISBN : 9784286198972
価格:¥1,404(本体¥1,300)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

天国に行って15年余。
しかし今でも、あなたからのたくさんの愛が満ち溢れています。

不慮の事故で天国に行ってから、もう15年余。しかし、今でもこの町で、そして残された愛する者たちの周りで、彼からのメッセージとしか思えない不思議なことが、次々と起こっているのです。今でも続く、彼の心優しき友人たちとのやりとりや、その後知り合った方たちとの交流など、決して色褪せない、「永遠の愛」を感じずにはいられない心温まるエッセイ。

再会への道

再会への道

三浦繁子 / 文芸社
2018/10出版
ISBN : 9784286197258
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

ある日突然息子を失い、祈る妻、心を閉ざす夫。
人間の弱さや不条理を丁寧に描いた小説。

邦雄は息子が生まれた時、可愛らしさに喜びを抑えきれなかった。わが子の成長に目を細め、将来を期待していた。そして、名門大学を卒業し希望の職についた息子は、あの夏、目の前から消えてしまう。最愛の家族に囲まれた生活が、ある日突然、崩壊し、絶望の淵をさまよう邦雄の未来に光はあるのか。祈る妻、心を閉ざす夫──人間の弱さや不条理を丁寧に描いた小説。

アンチはは

アンチはは

岸野藍 / 文芸社
2018/03出版
ISBN : 9784286192055
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

家族とは、母とは、子どもとは......。
親子の絆とは何かを考えさせられるエッセイ集。

別宅暮らしを続け、家にほぼ不在だが優しい父。その鬱屈を、子どもへの折檻に向けた母。そんな両親は著者が15歳のときに離婚したが、心の闇は深く、その後もつらい出来事が著者の頭から離れることはなかった。すでに母もいない今、過去の出来事とどう向き合うか、母親への憎しみをどうしていけばいいのか、苦しみながらも見えたその答えとは──。心模様を描くエッセイ集。

与癌共舞

与癌共舞

陳桂英 / 文芸社
2018/08出版
ISBN : 9784286192802
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

末期がん歴3年以上。独自の思考法に基づいて
治療法や食事療法を選択し、体調が回復。

「同じステージ、同じ病理のがん患者でも、生き延びる人とそうでない人がいます。また、いま健康な人でも、これからがんになる人と、がんにならずに済む人がいます。その運命を分けるのは、その人ががんとどう向き合い、どんな治療法や予防法を取り入れるかです」。治療法はないと宣告されながらも、漢方薬と免疫療法を始め、体調が回復。彼女は言う、「性格が運命を決める」。

ねこのなくようなこえ

ねこのなくようなこえ

伊藤鴻 / 文芸社
2018/08出版
ISBN : 9784286196596
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

個性豊かな6匹のねこがそれぞれの目線でつづる詩集。
やさしくて厳しいいのちのうた。

個性豊かな6匹の野良猫が、それぞれの目線でつづる詩集。ねこたちの愛らしさ、優しさもさることながら、常に死と隣り合わせで生きているという厳しさ、物悲しさが伝わってくる、まさに"いのちのうた"。「第21回新風舎出版賞」において大賞を受賞し、2005年に出版(新風舎)された作品に一部修正・加筆し新装版として出版。新たに加えられた、ねこのイラストが秀逸。

蔵出し船長の夜咄

蔵出し船長の夜咄

赤尾陽彦 / 文芸社
2018/06出版
ISBN : 9784286194707
価格:¥1,188(本体¥1,100)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

船長や水先人として一九五〇年代から世界を巡った、
とっておきの経験と見聞の回想記。

五大湖内での越冬を避けるための手に汗握る脱出競争、通産大臣賞を受賞したPR映画の製作秘話など、船や航海を通して出会った味わい深く面白い出来事を振り返る。諸外国とその文化に詳しい航海士・船長・水先人ならではの話題が満載。世界の海を駆け巡り、旭日小綬章を受章した名士が写真・イラストも交えて豊かに語る、1954年~2017年を舞台にした充実のエッセイ集・第2弾!

小太郎地獄遍路 慟哭の満州

小太郎地獄遍路 慟哭の満州

三浦由太 / 文芸社
2017/09出版
ISBN : 9784286185989
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

現代っ子の小太郎が時空を超え
太平洋戦時下のソ満国境地帯で目の当たりにした真実とは。

平成23年3月11日の津波に巻き込まれた脇森小太郎がタイムスリップした先は、昭和20年8月8日の祖父・太郎の体の中だった。平成の世では人生の意義を見いだせなかった彼だったが、ソ連の侵攻~占領、シベリア抑留、満州引き揚げという苛烈な体験を通じ、戦争の真実を伝える大切さ、そして人生を生きることに目覚めていく。現代の若者の目を通して戦争を描いた異色小説。

元気一番 開業医のつぶやきエッセイ集

元気一番 開業医のつぶやきエッセイ集

塙誠 / 文芸社
2017/09出版
ISBN : 9784286186887
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

抗加齢医が30年続く診療所の新聞に掲載した
「元気」実現のための随筆を集めた一冊。

健康とはなにか。健康を維持発展させていくためにはどうしたらよいか。高齢化社会に備えてどう対応したらよいか。どうしたら幸せな毎日を過ごせるか......。身体の健康だけでなく、心の健康、さらには社会にも目を向けて、医療にまつわる理論や経験、自身の半生や思い出など、さまざまなことを語る。健康で活力のある状態、"元気"への思いをこめて綴られた真摯なエッセイ集。

飛鳥伝説

飛鳥伝説

成澤昭徳 / 文芸社
2018/10出版
ISBN : 9784286197241
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

大胆な解釈で挑む古代史探求と
創意とオリジナルに富んだ物語が絡み合って紡ぐ異聞史話。

長い漂流の末、辿り着いたのは荒涼とした大平原。望郷の念に駆られた飛鳥の民が描き出したものは──。「......彼らは後に、この土地を第二の故郷とすべく〈アスカ〉と名づけた。しかし、その後に、この土地の先住民の訛と習合して〈ASUKA〉は〈NASUKA〉と呼ばれるようになった」(本文より)。古代史探求と創意に富んだ物語が絡み合って織りなす異聞史話。

花の和歌

花の和歌

王昌平 / 文芸社
2017/04出版
ISBN : 9784286181356
価格:¥972(本体¥900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

美しく、そしてはかない花の命と
人生に思いを寄せて生まれた、珠玉の俳句、短歌集。

「さきみだれ 心ゆかしき 花ごころ」「なごりゆく ちりゆく花に おしむかな おしむ心は きよけり思い」「身をかがめ 寄り添う肩は 花囲み 期待の先に 未来見つむも」......人生という「花」とは、生まれる思いだけ、いろいろな色を咲かせては、磨く数だけ輝き、引き立てはなたれるもの。そうした思いを、やさしい目線で切り取った珠玉の俳句、短歌集。

回転木馬の鈴の音は

回転木馬の鈴の音は

保坂まき子 / 文芸社
2019/01出版
ISBN : 9784286195377
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

日々の生活の中のなにげない一瞬を、
するどい感性と独自の視点で切り取った短歌集。

日々の生活の中のなにげない一瞬を、するどい感性と独自の視点で切り取った短歌集。涼をよぶ 打水まきて 玄関に 靴も並べて 花も活けたり/冷奴 ガラスの器 ゆらいでる 脇役だけど テーブルの上/秋刀魚漁 しぶきをあげて 船光る 人々の声 空に大きく/夜の海 船をこぎだす 手を握り 波が音つけ まとわりついて/小波きて 大波もきて 船をこぐ 月の光が 海面照らす

ちはやぶる神代の高千穂

ちはやぶる神代の高千穂

有田裕子 / 文芸社
2018/05出版
ISBN : 9784286193786
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

情報がありすぎる世の中を問う短編集。
各々異なる手法とユーモラスな発想が光る4編。

高千穂山中で、白骨が二体見つかった。それは、二千年前のものだった。二人は何者で、二千年前に何があったのか。その謎を解くのは、一緒に発見された一冊の小さなノートである。(「ちはやぶる 神代の高千穂」)表題作はじめ、「朝ごはんの法則」「美しい水戸黄門と私」「旧人類はなぜ滅亡したか?」を収録。どのジャンルにも収まらない短編を集めた一冊。

親の介護と仕事との両立の生活とは うつから要介護2、そして寝たきり介護の7年間

親の介護と仕事との両立の生活とは うつから要介護2、そして寝たきり介護の7年間

佐藤恵一 / 文芸社
2018/10出版
ISBN : 9784286198071
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

きれいごとではない在宅介護の現実。
介護認定5の母親を見とどけた男の実録エッセイ。

明るかった母が精神を病み、麻痺の症状にも侵された。認定は一番重い「要介護5」。主人公は、寝たきりの母中心の仕事と生活を送ることになる。愛犬のリコ君に癒やしをもらっても、戦うように過酷な毎日。胃ろうの注入やオムツの交換など、次から次へとやることがあり、介護は待ってくれないのだ。きれいごとではない「在宅介護の現実」が詳細に描かれた実録エッセイ。

新・色即是空

新・色即是空

石川浩 / 文芸社
2018/03出版
ISBN : 9784286191867
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

「形のあるものは、これすなわち幻である」
釈迦の色即是空を身近な言葉で読み解く一冊。

38歳でパニック障害となった著者が、哲学書を読み続け、釈迦が残した「色即是空」の思考術と出会い、40歳で障害を克服した。「本当の人生を生きるための道は、捉われないこと」と説く。現代社会を生きるうえで、視点を変え、気持ちを楽にする思考術を、著者が身近な言葉で解説する一冊。2600年前から語られてきた真理が、悩みを解決し、幸福を掴むための力を貸してくれる。

一でなくても

一でなくても

川瀬倭子 / 文芸社
2018/10出版
ISBN : 9784286197661
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

幼年時代へのノスタルジー、両親への多様な思いなどを、
表情豊かに歌い上げた詩集。

生きる上で大切なのは誰かと競うことではなく、自分らしくあることを見つけること。幼年時代へのノスタルジー、両親・友・恋人への多様な思い、生の信条など、諸々のテーマを表情豊かに歌い上げた詩集。北条鉄道・播磨横田駅に駅ギャラリーを持つ著者自身の手による、イラスト6点が口絵として冒頭を飾る。カバーイラストも著者の手によるもの。

己を信じて生きた父

己を信じて生きた父

川瀬倭子 / 文芸社
2019/01出版
ISBN : 9784286201788
価格:¥1,080(本体¥1,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

父の生涯を通じ、年配の方には郷愁を、
若い世代には生きた知識をもたらすエッセイ!

明治・大正・昭和・平成と激動の時代を生き抜いた父。懐かしさで美化されている昭和という時代は、同時に抑圧や困窮に苦しめられた時代でもあった。時代の波に翻弄されながらも、自分というものを見失うことなく、家族を守り抜く為に生きた父親の姿を、傍らで尊敬と愛慕に充ちた眼差しで見つめ続けた著者。同世代の読者には郷愁を、また若い世代には生きた知識をもたらすエッセイ!

【開催店舗】

北海道/札幌本店
青森県/弘前店
宮城県/仙台店
栃木県/宇都宮店
群馬県/前橋店
千葉県/流山おおたかの森店セブンパークアリオ柏店
埼玉県/川越店
東京都/新宿本店玉川高島屋店大手町ビル店国分寺店
神奈川県/横浜店
新潟県/新潟店
福井県/福井店
富山県/富山店
愛知県/名古屋空港店
大阪府/梅田本店グランフロント大阪店本町店高槻店堺北花田店泉北店
兵庫県/神戸店加古川店
岡山県/クレド岡山店
広島県/広島店
香川県/丸亀店
徳島県/徳島店
福岡県/福岡本店ゆめタウン博多店久留米店
佐賀県/佐賀店
大分県/アミュプラザおおいた店
長崎県/長崎店
熊本県/熊本光の森店
鹿児島県/鹿児島店

2019.03.01 注目の本