【ポイント2倍!】『今日の治療薬2019』『治療薬マニュアル2019』『治療薬ハンドブック2019』 プラスポイントキャンペーン! 2019年1月7日(月)~2月28日(木)

紀伊國屋書店では、
『今日の治療薬2019』『治療薬マニュアル2019』『治療薬ハンドブック2019』
いずれかをお買い上げいただくと、
Kinokuniya Pointがお得に貯まるキャンペーンを開催いたします!

pointup.png『今日の治療薬2019』・『治療薬マニュアル2019』・『治療薬ハンドブック2019』
プラスポイントキャンペーン

■期間:発売日(2019年1月7日(月)~11日(金)頃)から、2月28日(木)まで

■対象店舗:紀伊國屋書店 全店、ウェブストア

■対象商品:
『今日の治療薬2019』4,600円(税抜)南江堂
『治療薬マニュアル2019』5,000円(税抜)医学書院
『治療薬ハンドブック2019』4,400円(税抜)じほう


通常100円(税抜)につき1ポイント差し上げておりますが、上記期間中に対象商品をお買い上げいただくと、2ポイントをお付けします。

●基本ポイント(100円につき1ポイント)が2倍になります。
●キャンペーンが重複した時のポイントの付き方については「よくあるご質問」をご覧ください。
●紀伊國屋三井住友VISAカード会員様は期間中、合計で3倍となります。(紀伊國屋三井住友VISAカードにて決済の場合のみ)
●「ゴールド会員」様は期間中、合計で3倍となります。
●ウェブストアは、期間中にご注文を完了された方が対象です。
店舗受取サービスの場合は、期間中に店舗にてお買い上げいただいた方が対象です。
●その他ご不明な点がございましたらこちらをご覧ください。

『今日の治療薬2019』
4,600円(税抜)
南江堂

臨床で使われる医薬品を薬効群ごとに解説と便覧で構成したベストセラー.2019年版では,巻頭トピックスとして,話題の三つのテーマ(1.高額薬剤,2.バイオシミラー,3.慢性便秘症治療薬)を新設,便覧には新規項目として「RMP」を追加し,薬物動態欄も大幅に充実.主要薬剤の尿中未変化体排泄率などを追加.解説には「今後の薬物療法の展望」を新設し,近く承認が予想される新薬についての解説を追加.ますます使いやすい.ポータルサイトで年3回更新情報も配信.


『治療薬マニュアル2019』
5,000円(税抜)
医学書院

添付文書を網羅
さらに専門家の解説を加えた治療薬年鑑

• 収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。2018年に収載された新薬を含む、ほぼすべての医薬品情報を収載。
• 添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨床解説を追加。
• 医薬品レファレンスブックとして、医師・薬剤師・看護師ほかすべての医療職必携の1冊。

購入特典 web電子版・全面リニューアル
付録・web電子版のユーザーインターフェースを全面リニューアル。 検索のレスポンスを改善し、より早く目的の情報に到達できるようになりました。

『治療薬ハンドブック2019』
4,400円(税抜)
じほう

●第一線の医師・薬剤師による処方Point、薬剤Pointが役立つ!

【治療薬ハンドブック2019年版 ココがポイント】
■薬剤リスト
・新たに「保存温度条件」を追加!冷所保存など薬剤の保存時の温度条件がひと目でわかります
・2018年版で好評だったRMP情報(重要な特定リスク・潜在リスク)やAGの有無も引き続きアップデート。AGは索引からも判別できます!
・代表的なスイッチOTC薬の商品名を記載(掲載成分対象)
・ひと目でわかるマーク付き(各種規制区分、ハイリスク薬、自動車運転への注意とその理由など)

■総説
・各領域の主な診療ガイドライン一覧を拡充。インターネット上での閲覧可否もわかります
・一部総説の冒頭には主な薬剤の一覧表を追加。同効薬の特徴や作用機序をさっと確認できます

■購入者限定の無料アプリつき
・書籍の薬剤情報に加え、製剤写真や化学構造式、添付文書(外部リンク)も閲覧できる購入者限定の無料アプリつき。オフラインでも使えます!(一部機能を除く)

【本書の特徴】
■「活きた情報」を凝縮!
・添付文書情報だけでなく、臨床の第一線で活躍する医師による「処方Point」、薬剤師による「薬剤Point」など本書独自の臨床情報が満載!

■本書ならではの独自情報を多数収録
・「妊娠と薬」分野で日本をリードする、虎の門病院で集積した「妊婦への投薬情報」や、「錠剤・カプセル剤の粉砕可否情報」など、役立つ情報が充実!

■最新のトレンドをチェックできる総説
・「2019Update」「Topics」など、各領域の最新動向がよくわかる
・診療に関する最新の知見やガイドライン情報も充実

■安全・適正な薬物治療に
・配合変化、適応外使用の情報や、妊婦・小児・腎機能低下患者などハイリスク患者への対応まで、すぐに役立つ情報を凝縮
・患者指導のポイントなどもさらに充実! 副作用回避のために必要な検査にも注目
・一般名処方でも困らない充実した後発品欄

2018.12.31 イベントに行こう  お得 ポイント2倍 医 看 薬