イベントに行こう

最新研究で読み解く『恐竜の教科書』


恐竜の教科書
最新研究で読み解く進化の謎



sozai-1.jpg


【著】ダレン・ナイシュ/ポール・バレット
【監訳】小林快次/久保田克博/千葉謙太郎/田中康平
【訳】吉田三知世

ISBN:9784422430287

定価:本体4,500円+税
出版社:創元社

B5判・上製・予240ページ(オールカラー)

2019年2月刊行予定

※書影、ページ見本は製作中のものにつき、 変更の可能性があります。ご了承ください。







最新の恐竜研究を知りたいすべての人に!


地球上に登場した驚くべき生き物、恐竜。本書は、恐竜発見の黄金時代ビクトリア朝から21世紀の最先端の化石研究まで紹介し、その謎を解き明かす。恐竜は、極端な気候条件に直面しながらも、進化によって絶対的優位に立ち、1億5000万年以上にわたり地球に君臨した。恐竜の身体構造、生態、進化、多様性、さらには白亜紀末期の大量絶滅をいかに生き延び、今日の鳥類として存在するようになったか、写真や美しい復元図とともにオールカラーで解説する。

著者


ダレン・ナイシュ Darena Naish
 サイエンスライター、技術編集者、古生物学者。主に白亜紀の恐竜と翼竜を研究しているが、四肢動物すべてに関心を持っている。

ポール・バレット Paul Beane
 ロンドン自然史博物館の地球科学部門研究員。恐竜に関する科学論文を150件以上執筆しており、世界中を旅して、さまざまな恐竜を研究している。


監訳者


小林快次(こばやし・よしつぐ)
 1971年福井県生まれ。1995年ワイオミング大学地質学地球物理学科卒業。2004年サザンメソジスト大学地球科学科で博士号取得。 現在、北海道大学総合博物館准教授。獣脚類恐竜のオルニトミモサウルス類を中心に、恐竜の分類や生理・生態の研究をしている。 主な著書に『ぼくは恐竜探検家!』(2018年、講談社)、『恐竜は滅んでいない』(2015年、角川新書)などがある。

久保田克博(くぼた・かつひろ)
 1979年群馬県生まれ。2008年筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程修了。博士(理学)。現在、兵庫県立人と自然の博物館研究員。小型獣脚類恐竜を中心に、恐竜の記載や系統関係について研究している。主な著書に『BCキッズはじめてのきょうりゅうずかん英語つき』(監修、2017年、講談社)、『恐竜えほんティラノサウルス』(監修、2017年、金の星社)などがある。

千葉謙太郎(ちば・けんたろう)
 1985年札幌市生まれ。2008年東北大学理学部卒業。2011年北海道大学理学院修士課程修了。2018年トロント大学生態学進化生物学科にて博士号取得。現在、岡山理科大学生物地球学部助教。角竜類恐竜の分類と進化、および、骨の内部構造に基づいて古生物の生理・生態を研究している。

田中康平(たなか・こうへい)
 1985年名古屋市生まれ。北海道大学理学部卒業。カルガリー大学地球科学科修了。Ph.D.。現在、日本学術振興会特別研究員として名古屋大学博物館に在籍。恐竜の繁殖行動や子育ての研究を中心に、恐竜の進化や生態を研究している。恐竜の卵化石を探して、世界中を飛び回る。


訳者


吉田三知世(よしだ・みちよ)
 京都大学理学部物理系卒業。企業勤務ののち英日・日英の翻訳家として独立。訳書にマンロー『ホワット・イフ?』、フォーブズ『ヤモリの指』、 シュービン『あなたのなかの宇宙』(以上早川書房)、クリース『世界でもっとも美しい10の物理方程式』(日経BP社)、ドラーニおよびカローガー『動物たちのすごいワザを物理で解く』(インターシフト)などがある。


目次

第1章 歴史、起源、そして恐竜たちの世界
第2章 恐竜の系統樹
第3章 身体構造
第4章 生態、環境との関係、行動
第5章 鳥類の起源
第6章 大量絶滅とその後



sozai-3.jpg

sozai-4.jpg




2018.12.07 注目の本  サイエンス