イベントに行こう

完全なるフェルメールの世界「フェルメール全作品集 スタンダード・エディション」

vermeer20180911-8.jpg
フェルメール全作品集 スタンダード・エディション


監修・執筆 小林頼子(目白大学教授)
A3版 上製 250ページ オールカラー 布クロス貼・箔押・函ケース入り
小学館
定価:
本体50,000円+税 2018年9月27日 刊行


2012年版「限定版フェルメール全作品集」をお求めやすい価格でリニューアル編集!
真作32点に加え、真筆が疑問視されている5作品をも収録。作品細部の図版をふんだんに用い、静謐な光と精神性に満ちた「フェルメール・ブルー」や、時間を永遠に止め奇跡の輝きを放つ「光のしずく」など神秘のベールに包まれたフェルメール作品の魅力の神髄に迫ります。

○監修・執筆 小林頼子(こばやしよりこ) 目白大学教授。
「フェルメール論」と「フェルメールの世界」で第10回吉田秀和賞受賞。「フェルメール―生涯と作品」など著書多数。

本書の特徴
1.A3判ならではの迫力。最大約3.5倍に拡大した部分図を含め、展示室では見ることのできな筆遣いや、構図を決める際に用いた針の穴なども確認可能。

2.完全真作全32点を網羅。「青衣の女」は、2010~11年に行われた修復後の、画家本来の青い輝きが蘇った美しい姿を掲載。真偽の問われる作品5点も掲載。

3.フェルメール研究の第一人者である小林頼子教授による監修。細部に関しての分析や描き方の変化から見た様式の変遷などを克明に解説。

vermeer20180911-1.jpgvermeer20180911-2.jpgvermeer20180911-3.jpgvermeer20180911-4.jpg

vermeer20180911-5.jpgvermeer20180911-6.jpg

vermeer20180911-7.jpg

2018.09.13 注目の本