イベントに行こう

累計22万部突破のロングセラーに新装版登場!『美しい日本語と正しい敬語が身に付く本 新装版』

20150416_日経BP.jpg累計22万部を突破したロングセラー・ムック本『美しい日本語と正しい敬語が身に付く本』の新装版が発売されました。

旧版『美しい日本語と正しい敬語が身に付く本』は、日経BP社のオフ生活情報誌「日経おとなのOFF」の記事「マナー以前のおとなの常識講座」(2010年7月号)、「美しい日本語」(2011年4月号)、「日本語のマナー実戦講座」(2012年2月号)を再録・編集したもので、2012年3月に刊行されました。電子書籍版も発行されています。

紀伊國屋書店では札幌本店から火がつき、全国的に大ヒットとなった商品です。

日経BP社のサイトの「売れ筋ランキング 趣味・旅行・ライフスタイル」でも未だ堂々1位をキープしています(2015年4月16日現在)。

ふだん何気なく使っている日本語ですが、本当にこの表現で正しいのか不安になったことはありませんか。
 敬語は正しく使えているのか、
 周囲から「残念な話し方」の人だと思われていないか、
 メールや手紙の書き方はこれで合っているのか......。

一度この本に目を通しておけば、思わぬ時に恥をかかずに済むかもしれません。

また、季節の言葉など、日本語の楽しみもご紹介している本です。
新装版が発売されたこの機会に、ぜひ一冊お手元に置いてお役立てください。

目次

日本語の語彙と漢字
-------------------------------------------
◆大和言葉入門
◆美しい日本の言葉
 自然/天候 時候の挨拶 和の色
 姿/表情 心持ち/人柄
◆二十四節気と七十二候
◆残していきたい和の文化があります
 八千草 薫さんインタビュー
◆日本語
 硬⇔軟 言い換え自由自在辞典
◆金田一秀穂さんの
 粋なおとなの"オツ"な日本語
◆書き間違えやすい表現50
◆読めないと恥をかく小学生漢字

おとなのモノの言い方大全
-------------------------------------------
◆敬語の達人になる10の法則
◆"程よい会話敬語"の使い方
◆心の距離を縮める丁寧語のテクニック
◆なぜ、部下に「コピーを取ってください」と言わなくてはいけないのか
 平田オリザさん インタビュー
◆話す達人に学ぶ
 斎藤 孝さん 共感を呼ぶ力
 佐藤 優さん 凡人が「生き抜く」話術
◆「残念な話し方」していませんか?
◆おとなの"とっさの一言"講座
◆理想的なリーダーが使う"ツンデレ会話"
◆ワインの味はどう表す?
 レストランでの「おいしい」の表現力
◆夫婦の円満会話術
◆"アドラー心理学"で解き明かす話し方

美しい日本語を綴る
-------------------------------------------
◆手紙・メールの常識
◆おとなのSNS文章術
◆直木賞作家の手紙術 井上荒野さん
◆プロの添削でダメな文章が劇的に変わる
◆「接続詞」が美しい文章を作る
◆ビジネス文書完全マニュアル
◆名文の条件
 谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、丸谷才一、村上春樹

[出版社サイトより]


(編集部 M.M)

美しい日本語と正しい敬語が身に付く本
日経おとなのOFF【編】
日経BP (2015/04 出版)
ISBN:9784822278946
価格:¥910(本体¥843)

カートに入れる 本棚に登録 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

2015.04.16 注目の本  くらし ビジネス ロングセラー 売れてる! マナー メール 常識 手紙 敬語 日本語