イベントに行こう

「泣ける」帯に変えて25万部突破! 七月隆文さんの甘くせつない恋愛小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

16788974080_7913031886_n.jpg

写真:紀伊國屋書店 新宿南店

2人の甘く切ない恋と、隠された驚くべき仕掛け、読み進めるにつれて物語に引き込まれること間違いなしです。涙なしでは読めない本書は、泣きたい方にもオススメです。
ぜひ、手に取ってみて下さい。
(紀伊國屋書店 堺北花田店 A・I)

七月隆文さん(@nanatsuki_t)のせつないラブストーリー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(宝島社文庫)が売れています。

宝島社によると、同書は昨年8月に発売されましたが、10月に2刷重版する際に「泣ける」「電車で読んだのが間違いだった...」などの読者の声を入れた新しい帯に変更したところ、なんと実売が前月比3倍超に跳ね上がったそうです。

現在では帯を変える前に比べ月間の売り上げが10倍に伸び、2015 年3月2日の重版で9刷25万部を突破したとのこと。
また「読書メーター」の「文庫の読みたい本ランキング」でも第1位を獲得するなど、大躍進を続けています。

紀伊國屋書店でも昨年末に京橋店で大きく売り伸ばしたのをはじめ、梅田本店堺北花田店などで売れています。
物語の舞台が関西だからでしょうか?......と思ったら、渋谷店や国分寺店さいたま新都心店でも大きく売れていました。やはり学生さんや若いお客様に人気のようです。

作者の七月隆文さんは大阪府出身。
『Astral』(電撃文庫・「今田隆文」名義)でデビューし、『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』(一迅社文庫)『さくらコンタクト―route A 小河桃子』(宝島社・このライトノベルがすごい!文庫)などを代表作に、ライトノベルの世界で活躍してきました。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』については、ブログで次のように触れられています。

いつも『庶民サンプル』を読んでくださってる方は、
「ぜんぜん作風が違う!!」
と驚かれるかもしれません。(笑)
こういうのも書くのよ。

なお「庶民サンプル」こと『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』もTVアニメ化が決定しており、先日開催されたアニメジャパンでPVが公開されました。現在公式サイトで見ることができます。

今注目の一冊です。
まだお読みになっていない方はぜひチェックしてみてください!

(編集部 三好美奈子)

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。

ぼくは明日、昨日のきみとデ-トする
七月隆文
宝島社 (2014/08 出版)
ISBN:9784800226105
価格:¥723(本体¥670)

カートに入れる 本棚に登録 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

2015.04.01 注目の本  エンタメ メディアで紹介 売れてる! 泣ける ラブストーリー 小説 恋愛