紀伊國屋じんぶん大賞2015コラボフェア  「現代(いま)」を動かす人文書――東大・研究者のタマゴが選ぶ50冊

紀伊國屋じんぶん大賞2015コラボフェア
「『現代いま』を動かす人文書
――東大・研究者のタマゴが選ぶ50冊」

jinbuntaishou_2015_orange.jpg

この度、「紀伊國屋じんぶん大賞2015――読者と選ぶ人文書ベスト30」の"コラボフェア"として、選書をご担当下さったのは、東京大学院生有志の皆さんです。「『現代いま』を動かす人文書――東大・研究者のタマゴが選ぶ50冊」と題し、それぞれ3つのカテゴリ(2014年新刊/専門分野/影響を受けた本)に分けてご選書頂きました。
「知の最前線」にいる彼らがお薦めする、「学問に学び、人生に悩み、現代いまと戯れるための人文書」とは?――力作コメントとともにぜひご一読ください。

■期間:2015年2月6日(金)~3月上旬
■開催場所:紀伊國屋書店新宿本店3階人文書コーナー
■協力:作品社
江口怜さん
教育学研究科/教育学


貧者やマイノリティに焦点を当てて戦後日本の教育史を研究しています。日常を異化し、感性を深いところからくすぐってくれるような著作が好きです。素敵な本との出逢いは世界の見方を変えてくれる、そう感じています。

【新刊】

BILLY BAT 15

BILLY BAT 15

浦沢直樹、長崎尚志 / 講談社
2014/09出版
ISBN : 9784063883602
価格:¥668(本体¥619)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

15巻
コメント
浦沢漫画の最新作、掛け値なしに面白い。主人公の日系アメリカ人の漫画家ケヴィン・ヤマガタは、謎のこうもりが見えてしまうことから歴史の闇に巻き込まれていく。下山事件、ケネディ暗殺、月面着陸、9.11...。「理想的年代記」(A・ダントー)の作者を思わせるケヴィン≒こうもりらが繰り広げる物語の背後には、「歴史とは何か」という深遠な問いが横たわる。

【専門】

敗北を抱きしめて

敗北を抱きしめて

岩波書店
2012/02出版
ISBN : 9784287860380
価格:¥2,916(本体¥2,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

上巻
コメント
敗戦とは何だったのか。天皇制と戦争責任、憲法と経済復興、闇市と売春、飢えと革命...これらが交錯する矛盾と可能性に満ちた時代として、ダワーは日本の敗戦とアメリカによる占領を描いた。「戦後レジームからの脱却」と何やら騒がしい今日、〈敗北を抱きしめた〉人々の苦闘の記憶を、もう一度、真摯に抱きしめようではないか。
下巻はこちら

教育学

教育学

広田照幸 / 岩波書店
2009/07出版
ISBN : 9784000283243
価格:¥1,512(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
人類の次世代再生産にとって欠かすことの出来ない営みとしての、教育。教育を巡る議論は、いつも様々な思惑・欲望・感情が入り乱れ、政治的であることを避けられない。「教育の自明性」から少し身を離し、教育の可能性と不可能性、絶望と希望を考える上で、現代日本を代表する教育学者によって書かれた本書は最良の手引きとなるはずである。

社会学入門 人間と社会の未来

社会学入門 人間と社会の未来

見田宗介 / 岩波書店
2006/04出版
ISBN : 9784004310099
価格:¥885(本体¥820)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
今なお社会学が魅力的な学問であるとするならば、その上で見田宗介(真木悠介)が果たした役割は余りに大きい。見田は、社会学は「関係としての人間の学」であり、「自分にとってほんとうに大切な問題に、どこまでも誠実である」ことによって「越境する知」たりえたと語る。〈自由な社会〉の構想に向けた見田社会学のエッセンスが、本書に凝縮されている。
電子版購入へ

【影響】

母よ!殺すな

母よ!殺すな

横塚晃一 / 生活書院
2007/09出版
ISBN : 9784903690148
価格:¥2,700(本体¥2,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
「前の世紀に出た最も重要な本の1冊」、日本の現代思想を牽引する立岩真也は解説にそう記す(旧版は1975年刊)。横塚晃一は1935年生まれの脳性マヒ者であり、当事者団体青い芝の会の論客だった。「本来あってはならない存在」とされた者からの、自由な生の奪還に向けた強烈な自己主張は、同時に生産性を原理とする近代社会を鋭く衝く。

坂口安吾と中上健次

坂口安吾と中上健次

柄谷行人 / 講談社
2006/09出版
ISBN : 9784061984523
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
「『文学』とは、どんな秩序にも属さず、たえず枠組を破ってしまう荒ぶる魂であった」。柄谷行人は1968年に中上健次と出会い、彼が死去した92年以降狭義の文学から離れた。柄谷が畏友として敬愛した健次、柄谷と健次が共に敬愛した安吾、共通する主題は「他者」である。本書は、「他者」に向き合う〈生き方としての文学〉再生の可能性を暗示してくれる。

薫さん
総合文化研究科/現代文学


ドイツの現代詩について研究しています。その一方で現代文学全般に強い関心があり、特に、うまく書かれた短編小説を国内外問わず偏愛しています。

【新刊】

ベオグラ-ド日誌

ベオグラ-ド日誌

山崎佳代子 / 書肆山田
2014/03出版
ISBN : 9784879958945
価格:¥2,808(本体¥2,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
ベオグラード在住30余年になる詩人による、2001年から2012年までのとぎれとぎれの記録。繊細というよりはむしろ注意深い1粒1粒の言葉が、雄弁なテクストよりも確実に、不安や落ち着きを届ける。雪、燕、光、友人たちの名前に彩られた、静かに輝く1冊。

【影響】

リチャ-ド・ブロ-ティガン

リチャ-ド・ブロ-ティガン

藤本和子 / 新潮社
2002/04出版
ISBN : 9784104014026
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
間違いなく、最も幸福な「作者」と「翻訳者」の出会いの1つ。著者はブローティガンの訳者であり友人でもあった藤本和子。彼女のキュートな訳文は、当時の作家たちにも影響を与えた。評伝、批評、作品紹介、エッセイ......どのように呼んでもしっくりこない、けれどもこの書き方以外にはあり得なかったと思わせる1冊。

エクソフォニ- 母語の外へ出る旅

エクソフォニ- 母語の外へ出る旅

多和田葉子 / 岩波書店
2012/10出版
ISBN : 9784006022112
価格:¥1,036(本体¥960)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
日本語とドイツ語、それぞれの言語で創作を続ける作家、多和田葉子。2つの言語の狭間からみえる世界に、スリリングな知的好奇心をそそられる。言葉に興味がある人、異文化を理解したい人は必読。

清水さやかさん
人文社会系研究科/フランス文学


大学院ではサミュエル・ベケットの研究をしています。子供の頃から文学作品を読むのが好きでした。今回選ばせていただいた本はどれも思い入れのあるものなので、もしみなさまにも気に入っていただけたら嬉しいです。

【新刊】

復活 上

復活 上

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ、藤沼貴 / 岩波書店
2014/07出版
ISBN : 9784003570050
価格:¥1,101(本体¥1,020)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

上巻
コメント
何不自由なく暮らしていた青年貴族の主人公が、ある殺人事件の裁判に関わったことで社会の構造的欺瞞と不平等、そして何よりそれに加担してきた自らの罪深さに気づいていく。人間性の〈復活〉が他者の苦悩を自らのものとして真摯に引き受けることから始まるならば、人間の本当の幸福とは何か――深い問いかけがそこにある。
下巻はこちら

【専門】

ラシ-ヌ論

ラシ-ヌ論

ロラン・バルト、渡辺守章 / みすず書房
2006/10出版
ISBN : 9784622072348
価格:¥5,832(本体¥5,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
17世紀の劇作家ラシーヌのテクストを、20世紀を代表する批評家ロラン・バルトが構造分析や精神分析、神話学等を駆使しながら「今日的」なやり方で徹底的に読み直してみせた1冊。後世の批評言説によって文学作品の相貌が劇的に変わり得るということを鮮やかに提示した。渡辺守章による巻末解説も圧巻で読み応えがある。

【影響】

審判

審判

フランツ・カフカ、辻ひかる / 岩波書店
1966/05出版
ISBN : 9784003243824
価格:¥972(本体¥900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
この底知れぬ不安はどこから来るのだろう。この恐怖は、この恥辱は。ある日突然逮捕され、理由不明のまま裁判にかけられるヨーゼフ・Kは、まるで「犬」のように人間的尊厳を奪われている。この異常な物語に耐え難いほどの現実味を感じるのは、カフカがこの世界の仕組みの本質的ないかがわしさを炙り出しているからだろう。

悲楽観屋サイ-ドの失踪にまつわる奇妙な出来事

悲楽観屋サイ-ドの失踪にまつわる奇妙な出来事

エミ-ル・ハビ-ビ-、山本薫(アラブ文学) / 作品社
2006/12出版
ISBN : 9784861821080
価格:¥2,592(本体¥2,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
イスラエル国内でパレスチナ人として生きること、それは同胞を虐殺し祖国を奪い続ける者たちに囲まれ、身を縮めながら生きることだ。想像を絶する悲惨さのなかでは悲劇も喜劇的になるというのは痛烈な皮肉だが、豊穣な諧謔に満ちた本作は歴史の不条理を高らかに嗤ってみせる。パレスチナ文学の最高傑作、ぜひ一読されたい。

宮下和大さん
人文社会系研究科/ラテンアメリカ文学


中南米・カリブ地域の文学を読んでいます。言葉の持つ奥深い世界に分け入り、迷い唸る日々です。そんな楽しい「迷い」を与えてくれる本を選んだつもりですので、ちょっと足を止めて、読んでいただければ幸いです。

【新刊】

イエス・キリストは実在したのか?

イエス・キリストは実在したのか?

レザ-・アスラン、白須英子 / 文藝春秋
2014/07出版
ISBN : 9784163900933
価格:¥1,998(本体¥1,850)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
後にキリスト教となる「ナザレのイエス」の教説は、民族宗教を否定し普遍主義を主張したとされる。しかし、そこには後の世代による改変があった。ローマ帝国の支配、迎合するユダヤ教社会上層部という当時の社会情勢を元に歴史を再検討すれば、むしろイエスは帝国打倒を目指す民族主義革命家であったということがわかる。

【専門】

文学とは何か 上 現代批評理論への招待

文学とは何か 上 現代批評理論への招待

テリ・イ-グルトン、大橋洋一(英文学) / 岩波書店
2014/08出版
ISBN : 9784003720417
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

上巻
コメント
文学理論入門書の金字塔が新たなはしがきを付して岩波文庫で復刊。19世紀以降の批評理論を歴史的に読み解き、理論の非政治化はあり得ないとする立場から、来たるべき政治的批評の可能性を展望する。立脚点を明確にしたテキスト(と、時おりはさまる皮肉なジョーク)が読者を論に引き込んでゆく。
下巻はこちら

【影響】

ペドロ・パラモ

ペドロ・パラモ

フアン・ルルフォ、杉山晃 / 岩波書店
1992/10出版
ISBN : 9784003279113
価格:¥648(本体¥600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
メキシコの荒涼とした土地に位置する町コマラは既に滅び、死者たちのささやきだけが響く場所となっていた。生者の時間感覚を無視した断片的な語りから、滅びに至る町の人々の記憶、とりわけそこに君臨した暴君ペドロ・パラモの奇妙なオブセッションが描き出される。ラテンアメリカのマジックリアリズム文学を代表する1冊。

騎馬秀太さん
人文社会系研究科/イギリス文学


英・ロマン派第1世代のワーズワス、コウルリッジ、ブレイクの3詩人を中心に研究。現在はヘーゲルを参照先としたワーズワス解釈を軸に、詩への哲学の応用を超えて、詩それ自体の哲学的可能性を模索しています。

【影響】

空間の詩学

空間の詩学

ガストン・バシュラ-ル、岩村行雄 / 筑摩書房
2002/10出版
ISBN : 9784480087249
価格:¥1,728(本体¥1,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
バシュラールの思索は常に動きの中にある。初期の科学哲学と後期の詩的想像力論が、弁証法的緊張のもとに統合されているように、絶対的な固着を彼は認めず、境界は常に新たな創造性による修正の可能性に晒されている。故にテーマ批評、現象学的批評のお手本でもある本書は、批評を超えて詩人の眼差しを読者に教えてもいる。

アンチ・オイディプス 上 資本主義と分裂症

アンチ・オイディプス 上 資本主義と分裂症

ジル・ドゥル-ズ、フェリクス・ガタリ / 河出書房新社
2006/10出版
ISBN : 9784309462806
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

上巻
コメント
「いたるところに機械がある。」そんな冒頭からして困ってしまうくらい魅惑的なのだ。全体や統一に向かって延々進む領土化の連鎖から、器官なき身体の滑走する表層に向かって逃走線を引く。その実践ともいえる苛烈な文章を貪るように読み進める快感の危うさを思いつつ、本書の挑発に上手に乗ってみるのもアリではないか。
下巻はこちら

純粋理性批判

純粋理性批判

イマ-ヌエル・カント、熊野純彦 / 作品社
2012/01出版
ISBN : 9784861823589
価格:¥8,640(本体¥8,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
哲学とは何かなどと問う前に、まずは本書を読んでみる。すると本書を読む経験そのものが、「ひとが学びうるのは、ただ哲学することのみである」というカントの言葉と響き合うのがわかってくる。緻密でありながら、読み手の息継ぎを意識するように整えられた滑らかな訳文に身を任せて、何度でも繰り返し読んでほしい。
実践理性批判はこちら

永遠まで

永遠まで

高橋睦郎 / 思潮社
2009/07出版
ISBN : 9784783731351
価格:¥3,024(本体¥2,800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
過ぎ去ったもの、そしてこれから訪れるもの、それらの側に寄り添いながら、詩人は我々の現前そのものに対する純粋な驚きを詠う。全ての存在に穿たれた空虚の深淵を眼前に突きつけられるようでいて、同時にそれを語ることばの強烈な現前が、横溢する生の意味を読者に優しく告げている。淀みの内で迷う時、手に取って欲しい

木下慎さん
教育学研究科/教育哲学


教育哲学とフランス思想を研究してます。批判的思考をフーコーに、生の潜勢力をドゥルーズに、共存在の特異性をナンシーに教わりました。哲学する歓びを教育の問いに接続したいと考えています。好きな食べものはおはぎ。最近の旅先はミャンマー。

【新刊】

神学大全 1

神学大全 1

トマス・アクイナス、山田晶 / 中央公論新社
2014/07出版
ISBN : 9784121601483
価格:¥2,106(本体¥1,950)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

1巻
コメント
生存のすべてを賭け、神において・神について・神に向かって哲学すること。哲学と神学を架橋しつつ、中世最大の神学者聖トマスは、強大かつ繊細な体系を打ち立てた。神は存在するのか、いやそもそも、神の存在とは何を意味するのか。「在りて在る者」という神の名の謎に迫る否定神学の道をトマスと共に歩まれたい。
2巻はこちら

【専門】

教育思想のフ-コ- 教育を支える関係性

教育思想のフ-コ- 教育を支える関係性

田中智志 / 勁草書房
2009/06出版
ISBN : 9784326298921
価格:¥3,240(本体¥3,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
日々私たちが再生産している言説装置と権力配置の「外」を、彼岸としてではなく、いま・ここでのアクチュアルで衝迫的な力の生成として感受すること。驚くべきことに、著者がフーコーの「外の思考」から継承したのは、そのような社会批判の視座と倫理的な強度を備えた「自己創出」を子どもに喚起する教育の可能性であった。

贈与と交換の教育学 漱石、賢治と純粋贈与のレッスン

贈与と交換の教育学 漱石、賢治と純粋贈与のレッスン

矢野智司 / 東京大学出版会
2008/02出版
ISBN : 9784130513135
価格:¥5,832(本体¥5,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
子どもの発達支援として教育を構想してきた近代教育学のパラダイムを、生成や贈与を鍵概念に鮮やかに転倒させる著者の思想は、ここ20年間の教育哲学で最も触発的な議論の1つである。学びとは能力の発達か生成の歓びか。教えとは交換の営みか贈与の営みか。問いによって頭を揺さぶろう。教育は哲学されなければならない。

【影響】

ニ-チェと哲学

ニ-チェと哲学

ジル・ドゥル-ズ、江川隆男 / 河出書房新社
2008/08出版
ISBN : 9784309463100
価格:¥1,296(本体¥1,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
知識を溜め込む競争に耽っていた私には、ツァラトゥストラの言葉は福音だった。ドゥルーズは「差異」を「対立」に読み替えるルサンチマンを越え、差異を「享受」する力能を説く。偶然とともにその必然を、生成とともにその存在を、生とともにその苦悩を肯定すること。肯定の学び、それがツァラトゥストラの教えである。

暁月さん
総合文化研究科/歴史学


専門は人間学としての歴史学。近現代への<移行期>すなわち、日本で言えば幕末、西洋なら中世末に関心があります。が、ともかく、人間として真っ直ぐ、美しく生きたいだけ。その糧になる本なら何でも美味しく頂きます。 

【新刊】

フジキュ-!!!~Fuji Cue’s Music~ 1

フジキュ-!!!~Fuji Cue’s Music~ 1

田口囁一 / 講談社
2014/10出版
ISBN : 9784063952285
価格:¥463(本体¥429)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
繊細な声と世界観、零れるようなメロディーが特徴のユニット「感傷ベクトル」で、作詞作曲を行う田口氏ならではの、音楽愛と人間愛が詰まった作品。根底にあるのは、「やりたいものはやりたいから、やるんだ!」という気持ち。何かに強く焦がれるって尊いことだ。本作品をイメージした楽曲「ドレミとソラミミ」も必聴。

うせもの宿 1

うせもの宿 1

穂積 / 小学館
2014/10出版
ISBN : 9784091364166
価格:¥463(本体¥429)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
そこに来れば、なくしたものが見つかるという不思議な宿。女将さんはどう見ても子供、宿への案内役は一癖ある眼鏡のオジサン。訪れる客とのやりとりが延々と描かれるわけだが、それを眺めているうちに、当たり前の日常生活で麻痺させてしまっていた何か大切な部分が疼く
電子版購入へ

【専門】

公共善の彼方に 後期中世シエナの社会

公共善の彼方に 後期中世シエナの社会

池上俊一 / 名古屋大学出版会
2014/02出版
ISBN : 9784815807658
価格:¥7,776(本体¥7,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
長らくシエナを探究してきた著者が、都市行政や職業団体と言う「人と人との繋がり方」と、そこに見え隠れする聖母マリアや狼と言う「イメージ・象徴のあり方」の両者を紡ぎ、活き活きとした中世シエナ像を浮かび上がらせた労作。社会的紐帯が形成され発展してゆく様子は、現代社会に生きる我々にも学ぶものがあるはずだ。

熊の歴史 〈百獣の王〉にみる西洋精神史

熊の歴史 〈百獣の王〉にみる西洋精神史

ミシェル・パストゥロ-、平野隆文 / 筑摩書房
2014/03出版
ISBN : 9784480858078
価格:¥5,076(本体¥4,700)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
紋章や色、動物の象徴史を紐解いてきた著者ならではの歴史書。もともと百獣の王の地位にあった熊が、その王座をライオンに譲り渡しながらも水面下で影響力を脈々と保ってきた様子を、図像を含めた豊富な史料から炙り出す。歴史家は勿論、誰もが楽しめる作品。

【影響】

若きウェルテルの悩み

若きウェルテルの悩み

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲ-テ、高橋義孝 / 新潮社
2010/05出版
ISBN : 9784102015018
価格:¥496(本体¥460)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
何だかんだ言ったって、「疑いもなく、人間をこの世でもっともなくてはならないものにするのは、愛だ」。愛という言葉をその生全てで体現したゲーテ。溢れんばかりの生命力とともに、散見される鋭い哲学的推察は、人間として生きることに悩んだことのある人なら共感できるものばかり。
電子版購入へ

トニオ・クレエゲル

トニオ・クレエゲル

ト-マス・マン、実吉捷郎 / 岩波書店
2003/09出版
ISBN : 9784003243404
価格:¥518(本体¥480)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
就職や結婚に幸せを見いだせない。そうではなくて何かを成し遂げたい。自分らしさを最大限発揮できる何かを。だけどそれ以外の全てを投げ打つほど、芸術家気質に生まれたわけでもない。そんな中途半端な自分に生きる意味なんてないと思ったりするけれど、そういう気持ちを全て代弁してくれるのがこの作品です。

大学中庸

大学中庸

金谷治 / 岩波書店
1998/04出版
ISBN : 9784003322215
価格:¥864(本体¥800)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
いわゆる「四書五経」と呼ばれる儒教の経書のうちの2つ。特に「大学」は自分に人の道を教えてくれた大切な書だ。生きる意味も目的も分かりづらい毎日だけど、ごくたまにこれまでやってきたことが繋がったと思える瞬間がある。それが「豁然貫通」。その瞬間のために、無意味に見えることだって懲りずに続けるのだ。

関大聡さん
総合文化研究科/フランス文学・思想


フランスの作家ジャン=ポール・サルトルを読み、いまの時代の私たちが彼から学べることを考えています。この二つ(読む、学ぶ)の大切さが伝わる本を選びました。推薦というほど大それたものではなく、一緒に読むことのお誘いとして。

【新刊】

ニヒルとテロル

ニヒルとテロル

秋山清(詩人) / 平凡社
2014/03出版
ISBN : 9784582768084
価格:¥1,512(本体¥1,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
半世紀前に書き継がれた本書を2014年の一冊に推挙するのは、「生きる思想」ニヒリズムと「死ぬ思想」テロリズムをめぐる秋山の透徹した眼差しのみならず、彼が追考する大正の人物群、とりわけ辻潤、高漢容とその<三国同盟>に感激したためである。併合以後、関東大震災以後の不可能な友愛と思想の可能性を拓く人文の道。

NOヘイト! 出版の製造者責任を考える

NOヘイト! 出版の製造者責任を考える

ヘイトスピ-チと排外主義に加担しない出版、加藤直樹 / ころから
2014/11出版
ISBN : 9784907239107
価格:¥972(本体¥900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
書物を友とすべき大きな理由は、その静けさにある。しかるに今、その表紙は耳をつんざき、その言葉は私たちの別の友に暴力を振るう。老い盲いた人文学は、それに耳を塞ぐのか。いや。盲者を導く杖、書物=イデアの「配達者」(ナンシー)である出版者たちは、ここに複数の声を届ける。小さな、静かな、確かな、力強い声を。

【専門】

〈呼びかけ〉の経験 サルトルのモラル論

〈呼びかけ〉の経験 サルトルのモラル論

沢田直 / 人文書院
2002/05出版
ISBN : 9784409040577
価格:¥2,808(本体¥2,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
優れた研究の常として、本書は具体的サルトル研究に留まらず、書くとは、読むとは何か、という普遍的問いを差し出す。その営みは呼びかけ-応答の生きた関係であると同時に、膨大な遺稿と向かい合う姿は遺言-弔辞による喪の関係をも思わせる。読者は生と死の境を見失うだろう、死んでもなお走っている作者を前にして。人文学の深奥に触れる書。

【影響】

200X年文学の旅

200X年文学の旅

柴田元幸、沼野充義 / 作品社
2005/08出版
ISBN : 9784861820519
価格:¥2,376(本体¥2,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
S(柴田)極からN(沼野)極、N極からS極へ、羅針盤の針はめまぐるしく回り、21世紀の米露圏の文学がユーモアあふれる筆致で紹介される。これはこの上ない旅の友である。しかし読み終えてしまえば針は止まる。そのとき気付くはずだ。そこからはあなた自身が、地図もない世界文学を旅する測量士になるということに。

堀川裕介さん
学際情報学府/社会情報学


ネット依存について研究しています。ネットが無いと落ち着かない、安心できない、そんな人々を生み出してしまうこの社会とはいったい何なのか。そんなことを日々考えています。選書との関係はほとんどありませんが...。

【新刊】

中華人民共和国史十五講

中華人民共和国史十五講

王丹、加藤敬事 / 筑摩書房
2014/01出版
ISBN : 9784480095961
価格:¥2,160(本体¥2,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
1989年の六四天安門事件の学生リーダーだった著者がつづる中華人民共和国の60年史。豊富なエピソードからは近現代中国の活き活きした姿が伝わる一方、歴史的事実の記述さえ自由にはできない政治に対する著者の悲嘆も、その抑制された筆致から滲み出ているように思える。

デ-タの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

デ-タの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

矢野和男 / 草思社
2014/07出版
ISBN : 9784794220684
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
人間の行動をリアルタイムでありのままに計測する、そんな社会科学者たちの夢が現実のものになりつつある。延べ100万件以上のヒューマン・ビッグデータから明らかにされる人間や社会の法則性。この技術や、そこから得られた知識は我々の社会に何をもたらすだろうか?
電子版購入へ

日本の年金

日本の年金

駒村康平 / 岩波書店
2014/09出版
ISBN : 9784004315018
価格:¥885(本体¥820)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
政府委員などを歴任した著者が、複雑きわまる年金制度の仕組みや問題点を平易にまとめた、現時点での決定版と言える好著。問題の複雑さゆえに考えるのをやめ、それがさらなる不安を呼ぶ。この悪循環を止め、政策論議に民意を反映させられるよう、本書にぜひ目を通されたい。
電子版購入へ

ミクロ経済学の力

ミクロ経済学の力

神取道宏 / 日本評論社
2014/09出版
ISBN : 9784535557567
価格:¥3,456(本体¥3,200)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
東大駒場キャンパスで拍手喝采という著者の講義をまとめた書。定義や数式の単なる羅列ではなく、なぜそれを考える必要があるのか、現実の事例とのつながりはどうかなどを常に意識した、初学者にやさしい作りになっている。多少の忍耐は必要だが、これを読んで経済のリテラシーを身につけよう。

啓蒙思想2.0 政治・経済・生活を正気に戻すために

啓蒙思想2.0 政治・経済・生活を正気に戻すために

ジョセフ・ヒ-ス、栗原百代 / NTT出版
2014/10出版
ISBN : 9784757143197
価格:¥3,240(本体¥3,000)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
いつからか、政治や社会を真面目に議論するのは「カッコ悪い」ことになってしまった。けれど意見の合わない相手を罵っても、あざ笑っても、無関心を決め込んでみても何の解決にもならない。でも今さら議論と言われたってどうしていいのか分からない。そんな人のためのリハビリの書。『反逆の神話』とあわせてどうぞ。

【専門】

監視社会

監視社会

デ-ヴィド・ライアン、河村一郎 / 青土社
2002/11出版
ISBN : 9784791760084
価格:¥2,592(本体¥2,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
情報社会において、私たちは日々の行動を記録されるだけでなく、自身が思いもよらぬ形で選別され、ある種の行動に方向づけられさえする。もう10年以上前の書だが、問題設定の的確さはなお色あせていない。ビッグデータ時代の今だからこそ、改めて読まれるべき書。

ケ-タイの2000年代 成熟するモバイル社会

ケ-タイの2000年代 成熟するモバイル社会

松田美佐、土橋臣吾 / 東京大学出版会
2014/01出版
ISBN : 9784130501804
価格:¥5,832(本体¥5,400)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
もはや私たちの生活の中心となった「ケータイ」。2001年と2011年の経年データの比較からは「ケータイ」が私たちの生活や人間関係を大きく変えてきたことがうかがわれる。専門的で決して面白い読み物ではないが、モバイル社会のこれからを展望する上で踏まえるべき論考。

ファミコンとその時代 テレビゲ-ムの誕生

ファミコンとその時代 テレビゲ-ムの誕生

上村雅之、細井浩一 / NTT出版
2013/07出版
ISBN : 9784757170469
価格:¥2,808(本体¥2,600)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
アニメやマンガとともに日本発の世界的コンテンツとなった「ファミコン」。その誕生と展開の豊富なエピソードからはテレビゲーム黎明期の熱い息吹が感じられる。ファミコン世代の大人たちには懐かしく、現役ゲーマー世代には新たな発見とともに楽しめる1冊。

【影響】

八月の砲声 上

八月の砲声 上

バ-バラ・ワ-セイム・タックマン、山室まりや / 筑摩書房
2004/07出版
ISBN : 9784480088673
価格:¥1,620(本体¥1,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

上巻
コメント
昨年で100年目を迎えた第一次世界大戦。本書で詳細に描かれる開戦のプロセスからは、軍事機構の自律運動を文民政府がいかにコントロールできるか、という普遍的な課題が浮かび上がってくる。かのケネディ大統領も座右に置いたという名著。
下巻はこちら

日本はなぜ敗れるのか 敗因21カ条

日本はなぜ敗れるのか 敗因21カ条

山本七平 / 角川書店
2004/03出版
ISBN : 9784047041578
価格:¥843(本体¥781)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
硬直した戦略、根拠なき楽観、人命の軽視、員数主義......著者が戦場で見た日本軍の腐敗は枚挙に暇がない。著者はあえて現在形の「敗れる」を用いることで、問題が現在の日本社会全体に及んでいることを強調する。本書の種本となっている『虜人日記』(小松真一、ちくま学芸文庫)とあわせて、ぜひ読んでいただきたい。
電子版購入へ

偶然を飼いならす 統計学と第二次科学革命

偶然を飼いならす 統計学と第二次科学革命

イアン・ハッキング、石原英樹 / 木鐸社
1999/05出版
ISBN : 9784833222747
価格:¥4,860(本体¥4,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
私たちは今日、大量の統計データから社会を把握したり先行きを予測するのを当然のこととしているが、人類の歴史全体から見れば特異な認識のあり方だ。この統計学的、確率論的世界観がどのようにして現れ、いかに世界を変えてしまったのか、その歴史的淵源を探る好著。

風の谷のナウシカ(7巻セット) トルメキア戦役バ-ジョン

風の谷のナウシカ(7巻セット) トルメキア戦役バ-ジョン

/ 徳間書店
2003/10出版
ISBN : 9784192100106
価格:¥3,072(本体¥2,845)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
「あの映画には続きがある」と言うと今でも驚く人が多い。宮崎駿監督が映画製作に前後して始めた漫画連載は12年続き、映画からは想像もつかない方向に話は突き進む。そこからは「生命の尊厳」のテーマがより深い形で読み取れるはずだ。あの映画を見て育ったかつての子供たちに。

ファスト&スロ- 上 あなたの意思はどのように決まるか?

ファスト&スロ- 上 あなたの意思はどのように決まるか?

ダニエル・カ-ネマン、村井章子 / 早川書房
2014/06出版
ISBN : 9784150504106
価格:¥907(本体¥840)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

上巻
コメント
私たちは、直感に頼ったり(ファスト)論理的に考えたり(スロー)と様々な方法でものごとを判断するが、うまくいかないことも多い。私たちはなぜ判断を誤ってしまうのか、私たちの判断を左右する隠れた条件とは何か、ノーベル経済学賞の著者が平易な例え話を交えながら説き明かす。
下巻はこちら

完訳アウトサイダ-ズ ラベリング理論再考

完訳アウトサイダ-ズ ラベリング理論再考

ハワ-ド・S.ベッカ-、村上直之(社会学) / 現代人文社
2011/11出版
ISBN : 9784877984946
価格:¥2,052(本体¥1,900)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

コメント
「逸脱」とは、行為者の内在的な特性からではなく、制度、規則、周りの人々などによるレッテル貼りから生じる。本書で述べられたラベリング理論は社会学に新たな地平を開き、構築主義理論の先駆けとなった。社会問題を考えるあらゆる人にとって必要不可欠な視点を今一度。

2015.02.06 イベントに行こう  じんぶん大賞 東京大学