雑草のこころ―とやまコラム歳時記

個数:
  • ポイントキャンペーン

雑草のこころ―とやまコラム歳時記

  • 在庫がございません。お取り寄せになります。
    発送もしくは入手不可の判明に、1週間~3週間程度かかる場合がございます。
    ※品切・絶版等によりご入手不能となる場合がございます。予めご了承ください。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ A5判/ページ数 303,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784906678976
  • NDC分類 914.6

内容説明

北日本新聞の「コラム屋」が身近な言葉でつづった富山発の新歳時記。

目次

一月(時は鐘ならぬカネ?;養生と健康の違い ほか)
二月(「ダラ」は由緒ある?;立春に卵立つ? ほか)
三月(山の花愛し続けて;渓流釣りの醍醐味 ほか)
四月(マナー向上か厳罰か;「私を束ねないで」 ほか)
五月(訓練攻めより「生活の質」;スダジイが花見どき ほか)
六月(祝日に戦前のにおい;イネ科の季節 ほか)
七月(つらいと「切れる」;「寝耳に水」は科学的 ほか)
八月(バトン拾わせる;ユニホームで験担ぐ ほか)
九月(ユウレイタケが出迎え;はがやしい ほか)
十月(在来線は消えるのか;「郡」は前時代の遺物 ほか)
十一月(渋柿、甘柿…人生いろいろ;時雨に盆暗の気分 ほか)
十二月(新幹線は鳥を抜く;「タマちゃん」に大賞 ほか)

著者紹介

中島利明[ナカシマトシアキ]
昭和24年高岡市生まれ。同47年北日本新聞社入社。高岡支社、社会部などを経て、平成4年編集局調査部長、「富山大百科事典」の編集に携わる。同8年論説委員、同13年論説副委員長、同15年メディア情報局長