遊びを中心とした保育―保育記録から読み解く「援助」と「展開」

個数:

遊びを中心とした保育―保育記録から読み解く「援助」と「展開」

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B5判/ページ数 186p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784893470874
  • NDC分類 376.157

目次

第1章 園における子どもの遊びと保育者(遊びを中心とした保育とは;子どもの遊びを理解する ほか)
第2章 保育記録から生まれる指導計画(保育に生きる記録とは;保育記録のなかの計画性)
第3章 子どもと保育者が織りなす生活(育ち合う子どもと保育者;行事のとらえ方と指導 ほか)
第4章 保育者の役割(遊びの意義・再確認;総合的な学びを保障する ほか)

著者紹介

河辺貴子[カワベタカコ]
東京都出身。立教女学院短期大学助教授。立教女学院短期大学附属幼児教育研究所天使園園長兼務。東京学芸大学教育学部幼稚園教員養成課程卒業。同教育学研究科修士課程修了。文京区立明化幼稚園、練馬区立光が丘むらさき幼稚園にて12年間教諭とし保育に携わった後、東京都立教育研究所指導主事を経て現職。文部科学省「幼稚園教育要領解説作成協力者」、「幼稚園における道徳性の芽生えを培うための事例集作成協力者」、中央教育審議会初等中等教育分科会臨時委員など