救護施設との出会い―「最後の受け皿」からのメッセージ

個数:

救護施設との出会い―「最後の受け皿」からのメッセージ

  • 在庫がございません。お取り寄せになります。
    発送もしくは入手不可の判明に、1週間~3週間程度かかる場合がございます。
    ※品切・絶版等によりご入手不能となる場合がございます。予めご了承ください。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784876997503
  • NDC分類 369

内容説明

戦争犠牲者、知的障害者、痴呆老人―そして今では精神障害者、アルコール依存症、ホームレスなど、時代のニーズと法整備の不備・はざまに埋もれた人たちを受け入れてきた救護施設。利用者を支えてきた援助実践、生活保護法の原点と救護施設の役割を明らかにする。

目次

第1章 生活保護法と救護施設(救護施設の始まり;生活保護法の原点 ほか)
第2章 利用者からたどる高槻温心寮のあゆみ(戦後の社会情勢そのままに;不十分な制度と時代のはざまで ほか)
第3章 福祉ニーズに応え、支えてきた実践(いのちと健康、安全を守る取り組み―早期発見と早期治療を柱に;生活のゆたかさをもとめて ほか)
第4章 高槻温心寮の今、そしてこれから(「老い」への取り組み―その人らしくゆたかに暮らすために;精神障害の人たちとむきあって ほか)
第5章 生活保護法の原点と救護施設の役割(生活保護法の原点と、その過去・現在・未来;救護施設の役割と今後の課題 ほか)