鏡視下手術手技図譜―実写とイラストで学ぶ

個数:
  • ポイントキャンペーン

鏡視下手術手技図譜―実写とイラストで学ぶ

  • 在庫がございません。お取り寄せになります。
    発送もしくは入手不可の判明に、1週間~3週間程度かかる場合がございます。
    ※品切・絶版等によりご入手不能となる場合がございます。予めご了承ください。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B5判/ページ数 276p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784815916749
  • NDC分類 494.2

内容説明

本書には外科ばかりでなく、胸部外科、泌尿器科、産婦人科などの各分野における鏡視下手術の標準的術式が写真・イラストを中心として記載されており、「局所解剖」にて周辺臓器の配置を理解したうえ、「セッティング、体位、麻酔」で鏡視下手術のためのよりよい環境を作り、「基本操作」で各器具の操作、使用の基本を学び、「手術手技」で操作手順を習得するように構成されています。したがって、鏡視下手術を始めてまだ経験の浅い人が視覚的に理解でき、容易に技術習得ができるように配慮されています。

目次

1 頸部
2 肺
3食道
4 胃腹腔鏡下胃手術
5 大腸
6 肝胆膵脾
7 乳腺
8 鼠径ヘルニア
9 泌尿器
10 産婦人科

著者紹介

杉原健一[スギハラケンイチ]
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科消化機能再建学講座教授

出版社内容情報

《内容》  解説は各章を通して,「局所解剖」「セッティング,体位,麻酔」「基本操作」「手術手技」「術中・術後合併症の予防と対策」の項が統一的フォーマットによってすすめられおり,各領域の術式の一連の流れが理解できる構成になっている.また,執筆者の経験による“コツ”や“ピットフォール”の記載は,経験者にも有用な情報を含んでいる.本書のもう一つの特色は,外科のみならず,胸部外科,泌尿器科,産婦人科領域の標準的術式の基本が記載されている点にあり,分野を越えて手技や機器を比較し,他領域の改良のヒントとなる可能性が期待できる.    

《目次》
I●頸  部
1.は じ め に
2.局 所 解 剖
3.適   応
4.術前検査と術前管理
5.必要な機器と器具
6.セッティング,体位,麻酔
7.基本操作と手術手技
8.術中偶発症:予防と対策
9.手術合併症:予防と対策
II●肺
1.は じ め に
2.局 所 解 剖
3.適   応
4.術前検査と術前管理
5.必要な機器と器具
6.セッティング,体位
7.基 本 操 作
8.手 術 手 技
9.術中偶発症:予防と対策
10.術中偶発症:予防と対策
III●食  道
 III-1●胸腔鏡視下食道切除・リンパ節郭清術
 III-2●腹腔鏡視下胃管作成術
IV●胃 腹腔鏡下胃手術
1.は じ め に
2.局 所 解 剖
3.適   応
4.術前検査と術前管理
5.必要な機器と器具
6.セッティング,体位
7.基 本 操 作
8.手 術 手 技
9.術中偶発症:予防と対策
10.術後合併症:予防と対策
V●大   腸
1.は じ め に
2.局 所 解 剖
3.適   応
4.術前検査と術前管理
5.必要な機器と器具
6.セッティング,体位,麻酔
7.基 本 操 作
8.手 術 手 技
9.術中偶発症:予防と対策
10.術後合併症:予防と対策
VI●肝胆膵脾
 VI-1●胆
  1●腹腔鏡下胆m摘出術
  2●総胆管結石症に対する腹腔鏡下手術
 VI-2●肝  臓
  1●腹腔鏡・胸腔鏡による肝癌治療
  2●肝m胞に対する腹腔鏡下開窓術
 VI-3●膵  臓
  ●腹腔鏡下膵手術
 VI-4●脾   臓
  ●腹腔鏡下脾臓摘出術
VII●乳   腺
1.は じ め に
2.局 所 解 剖
3.適   応
4.術前検査と術前管理
5.必要な機器と器具
6.セッティング,体位,麻酔
7.基本操作と手術手技
8.術中偶発症:予防と対策
9.術後合併症:予防と対策
10.術後の創部の状態
VIII●鼠径ヘルニア
 VIII-1●TEPP
 VIII-2●TAPP
IX●泌 尿 器
 IX-1●腹腔鏡下副腎摘除術
 IX-2●後腹膜鏡下腎摘除術
 IX-3●腹腔鏡下停留精巣診断と腹腔内精巣固定術
 IX-4●腹腔鏡下前立腺全摘除術
X●産 婦 人 科
1.は じ め に
2.術前検査と術前管理
3.必要な機器と器具
4.セッティング,体位,麻酔
5 基本操作と手術手技
6.Telesurgery(遠隔手術)
7.術中合併症と偶発症:予防と対策
お わ り に