PHP新書<br> 新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか

個数:

PHP新書
新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • 1,500円以上ご注文頂きますと、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ 新書判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569802824
  • NDC分類 070.21

内容説明

現職大臣を辞任に追い込んだ「放射能つけちゃうぞ」発言は、完全なるでっちあげだった―真相を隠蔽して虚報を流し、バレても責任を取らない。それでいて正義の旗を振りかざす横暴ぶり。新聞・テレビの罪深き欺瞞は、「ただちに危険はない」との政府発表を垂れ流しつづけた原発・震災報道で決定的となった。政治との悪質な癒着。ネットメディアの台頭によって、情報を管理できる時代は終わった。国民を騙しつづけた先にはマスメディアの死が待っている。ジャーナリスト休業を宣言した著者が放つ、記者クラブへの最後通告。

目次

第1章 記者たちの「癒着メモ」を暴く
第2章 政府に情報を売るマスメディア
第3章 忘れてはいけない震災報道「9のウソ」
第4章 新聞・テレビはなぜ「ウソ」をつくのか
第5章 腐りきった「記者クラブ」の正体
第6章 「ニューメディア」への言われなき中傷
第7章 世界標準のジャーナリズムをめざして

著者紹介

上杉隆[ウエスギタカシ]
1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業、NHK報道局、衆議院議員公設秘書、『ニューヨーク・タイムズ』東京支局取材記者などを経て、2002年よりフリージャーナリストに。政治・メディア・ゴルフなどをテーマに発信を続け、とくに日本の記者クラブ制度に対する痛烈な批判で話題に。11年にはオープンな記者会見の場を提供することを目的に「自由報道協会」を設立、代表に就任。一方でジャーナリスト無期限休業を宣言する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

震災を機に決定的となった「マスコミ」への不信感。虚報をくりかえす記者たちの内実が明らかに。日本のマスメディアの異常さに気づけ!

【著者紹介】
自由報道協会代表