Science  and  technology<br> 糖鎖のはなし

個数:

Science and technology
糖鎖のはなし

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784526061646
  • NDC分類 464.3

内容説明

「糖鎖」はタンパク質などの生体物質と結合することで、そのものの溶解性を上げたり、行き先の目印になったり、安定性を高めるなど多種多様な機能をもつ。生命の進化とともに歩み無限の可能性を秘めたこの物質は、DNA・タンパク質に次ぐ第三のバイオポリマーとして、癌や再生医療の有用マーカーなど医学分野での応用・解析が進められてきている。

目次

1章 糖・糖鎖とは何か(糖鎖の時代が来た!;本質は「炭・水化物」 ほか)
2章 糖の基礎化学(糖を議論するための共通語;sp3混成軌道は空間を四等分する ほか)
3章 糖鎖の合成原理と機能探索(糖から糖鎖へ;糖鎖構造の特徴 ほか)
4章 糖鎖の産業化(糖鎖を自在に操れる時代の到来;糖鎖産業化のための三要素 ほか)

著者紹介

平林淳[ヒラバヤシジュン]
東北大学理学部卒業、東北大学大学院理学研究科修士課程修了、東北大学理学部より学位取得(理学博士)、帝京大学薬学部助手・講師。平成14年11月独立行政法人産業技術総合研究所糖鎖工学研究センター糖鎖構造解析チームチーム長。平成15年9月香川医科大学総合生命科学実験センター糖鎖機能解析研究部門(現:香川大学研究推進機構総合生命科学研究センター糖質バイオ研究部門)客員教授。平成18年12月独立行政法人産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター副センター長、レクチン応用開発チームチーム長(兼務)。平成20年1月糖鎖産業技術フォーラム(GLIT)設立(運営副委員長)。学会活動:日本生化学会、日本糖質学会(評議員)、日本薬学会、日本化学会、日本生物物理学会(分野別専門員)、日本蛋白質科学会など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

糖鎖はDNA・タンパク質に次ぐ第三のバイオポリマーとして注目され、医学分野での産業応用に向けて研究解析が進んでいる。本書では、まず糖鎖を理解するための糖化学の基礎と構造を詳しく解説し、さらに産業化に不可欠な糖鎖の合成技術、プロファイリング技術、パイオマーカーの応用もわかりやすく紹介する。