未来を発明するためにいまできること―スタンフォード大学集中講義〈2〉

個数:
  • 電書あり

未来を発明するためにいまできること―スタンフォード大学集中講義〈2〉

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784484121109
  • NDC分類 141.5
  • 電子版価格 ¥1,058

内容説明

私たちはみな、自分自身の未来を発明する役割を担っています。そして、発明の核心にあるのがクリエイティビティなのです。ベストセラー『20歳のときに知っておきたかったこと』の著者ティナ・シーリグが贈る「クリエイティビティの教科書」。

目次

革命を起こす―リフレーミングで視点を変えよ
蜂を招き入れる―ありえない場所にヒントを探す
積み上げ、積み上げ、積み上げ、ジャンプ!―アイデアは永遠に止まらない波
忘れられた顧客カード―観察力を発揮していますか?
机の王国―空間という変数で行動が変わる
ココナッツを思い出す―プレッシャーをアイデアの触媒にする
猫のエサを動かす―フィードバックはゲーミフィケーションで
てっぺんのマシュマロ―チームがはまる落とし穴
がんがん動いて、どんどん壊せ―失敗は正しくやり直すチャンスだ
魔法の靴を履く人、履かない人―失敗する可能性のあるものは、修正しろ!
内から外、外から内へ

著者紹介

シーリグ,ティナ[シーリグ,ティナ][Seelig,Tina L.]
スタンフォード大学医学大学院で神経科学の博士号を取得。現在、スタンフォード大学工学部に属するスタンフォード・テクノロジー・ベンチャー・プログラム(STVP)のエグゼクティブ・ディレクター。米国立科学財団とSTVPが出資するエピセンター(イノベーション創出のための工学教育センター)のディレクターでもある。さらに、ハッソ・プラットナー・デザイン研究所(通称d.school)でアントレプレナーシップとイノベーションの講座を担当。工学教育での活動を評価され、2009年に権威あるゴードン賞を受賞

高遠裕子[タカトオユウコ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)