ソウルダスト - 〈意識〉という魅惑の幻想

個数:
  • ポイントキャンペーン

ソウルダスト - 〈意識〉という魅惑の幻想

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314010955
  • NDC分類 141.2

出版社内容情報

〈意識〉は脳内のマジックショーにすぎない――
それはいったいなぜ発生し、生物学的にはどのような役割を果たしているのか?
意識研究の最先端を切り拓く大胆な仮説を提唱する、理論心理学者ハンフリーの集大成!

 
本書『ソウルダスト』でハンフリーは驚くべき新理論を提示する。意識は私たちが頭の中で自ら上演するミステリアスなマジックショーにほかならないというのだ。この自作自演のショーが世界を輝かせ、自分は特別で超越的な存在だと私たちに思わせてくれる。こうして意識はスピリチュアリティへの道をつけ、そのおかげで私たち人間は、ハンフリーが「魂のニッチ」と呼ぶ場所に暮らす恩恵を受けることができると同時に、死への不安も抱くことになる。

隙のない主張を展開し、知的好奇心と読書の喜びをかき立てながら、深遠な難問に次々と答えを出していく。そして、誰もが頭を悩ます疑問、すなわち、いかに生きるべきか、いかに死の恐怖に立ち向かうかという課題に、意識の問題が直結していることを明らかにする。

神経科学や進化理論を基盤に、哲学や文学の豊富な知見を織り交ぜて書かれた本書は、意識の正体についての独創的な理論を提唱すると同時に、人間の生と魂を讃える――

リチャード・ドーキンスやダニエル・デネット、マット・リドレーら著名な科学者たちからも支持を得る、〈知の軽業師〉ハンフリーの刺激的論考。


【本書への賛辞】

理論心理学者のハンフリーは絶好調だ。シェリーやキーツなどのロマンティックな詩情と、シャーロック・ホームズばりの鋭利な知性を持ち合わせた彼は、その明敏な頭脳をもって、科学の一大難問「意識の進化的な起源」に切り込んでいく。そしてこの解決不可能とされる問題に、これまでで最も優れた答えを出したのだ。
   ――V.S.ラマチャンドラン(『脳のなかの幽霊』著者)


科学者が自然現象の解明を試みると、マジックのようなミステリアスな面を見落としていると非難されることもある。だが、この詩的な驚異の一冊で、ニコラス・ハンフリーは正反対のことをやってのけた。彼は脳を探究するうちに、マジックこそが意識の要であることを発見したのだ。
   ――マット・リドレー(『やわらかな遺伝子』著者)


ニコラス・ハンフリーは、大胆さと慎重さを兼ね備えた、類稀な知の軽業師だ。
   ――ダニエル・デネット(『自由は進化する』著者[過去の作品への賛辞])

 
●目次●

 招待の口上

 【プレリュード】

 第1章 目が覚めるとはどういうことか
  意識にまつわる難問/アンドロメダからの訪問者/哲学的ゾンビ人間/私秘的な意識/自然淘汰が目にするもの/科学理論があれば記述できる/「何かのようなこと」/探究の方針

 【第1部】

 第2章 「何かのよう」であるということ
  プラトンの洞窟/アッラーに似たものなどない/グレガンドラム/志向性、イプサンドラム/意識というマジックショー

 第3章 私秘化した反応
  センティション――私秘化した表現活動/準備は整った

 第4章 ループをたどる
  数学的なものとしてのイプサンドラム/感覚と時間/意識の神経相関

 【第2部】

 第5章 意識の重要性
  パラダイムシフト/意識の発達史/動物の意識
 
 第6章 そこに存在すること
  この素晴らしき世界/生きる意志/動物に現象的意識はあるか?/意識ある自己/死すべき運命/動物の死/死を恐れる

 第7章 魔法をかけられた世界
  もの自体の崇拝/雨上がりの森で/ラマチャンドランらの偽手実験/あなたの歌を歌うものたち/私たちは王さまに劣らぬほど幸せだ

 第8章 そうか、それが私というものだったのか!
  絶対的な溝/あなたの人生はあなたのもの/心のなかの自由/ソウルダスト――魂のまばゆいかけら

 第9章  自分自身であること
  一つのまとまりとしての「自己」/意識あるエゴという宝島/世界のただ一人の相続人
 
 【第3部】

 第10章 魂の生態的地位に入る
  鱒は川で、ゴリラは森で、人間は魂の国で/渦巻き

 第11章 危険な領域
  人生には生きる価値があるか?/一五万年間の実存的な不安/自殺

 第12章 死を欺く
  未来を割り引いて考える/非個人化/死を否定する/途中で降りたほうがましなゲーム/魂の不滅

 最終章 結び
  意識の進化/アンドロメダの科学者は地球に来ない

 訳者あとがき
 原注
 索引

【著者からのコメント】
 
 私が行き着く答えは、これまで科学が示してきたものとは似ても似つかない。これ自体は、けっしてほめられたものではないことは認めざるをえない。どう考えても、科学は革命的ではなく累積的なものであってしかるべきだから。とはいえ、人間が自分の経験にまつわる謎について抱く大きな疑問に関しては、意識についての従来の研究がほとんど何の答えも出せていない事実を考えれば、私たちにおなじみの科学には、もう頼ってはいられないのかもしれない。
 物質的世界は、人間にマジックのように不思議な魂を与えてくれた。そして人間の魂はその恩に報いて、この世界に魔法をかけた。こうした驚くべき出来事を理解するために、物事を一からたどり直してみよう。
(本書「招待の口上」より)

【著者紹介】
 
ニコラス・ハンフリー (Nicholas Humphrey)
ロンドン大学経済学部名誉教授。ケンブリッジ大学でph.Dを取得(心理学)。ダイアン・フォッシーと、脳を損傷したサルで「盲視(ブラインド・サイト)」の存在を最初に証明した。人間の知性と意識の進化をめぐる業績で国際的に知られ、マーティン・ルーサー・キング記念賞や英国心理学会図書賞などを受賞している。邦訳に『内なる目――意識の進化論』『喪失と獲得――進化心理学から見た心と体』『赤を見る――感覚の進化と意識の存在理由』(以上、紀伊國屋書店)がある。


柴田裕之(しばた・やすし)
翻訳家。早稲田大学理工学部、米・アーラム大学卒業。訳書に『なぜE=mc^2なのか?』『共感の時代へ』『赤を見る』『神々の沈黙』『ユーザーイリュージョン』(以上、紀伊國屋書店)、『繁栄』(共訳、早川書房)、『「うつ」がこの世にある理由』(河出書房新社)、『ピュタゴラスの音楽』(白水社)、『叛逆としての科学』(みすず書房)他多数。