ハヤカワ文庫<br> ミストボーン―霧の落とし子〈1〉灰色の帝国

個数:

ハヤカワ文庫
ミストボーン―霧の落とし子〈1〉灰色の帝国

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • 1,500円以上ご注文頂きますと、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ 文庫判/ページ数 429p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150204952
  • NDC分類 933

内容説明

空から火山灰が舞い、老いた太陽が赤く輝き、夜には霧に覆われる“終の帝国”。神のごとき支配王が千年のあいだ統べるこの国の底辺には、スカーとよばれる卑しい民が存在した。盗賊団の少女ヴィンは、とるにたらぬスカーとしてひっそり生きてきた。ある日、腕に凄惨な傷をもつ男に見いだされるまでは―金属を体内で燃やし、不思議な能力を発現させる盗賊たちの革命を描き、全米でベストセラーとなった傑作、ついに開幕。

著者紹介

サンダースン,ブランドン[サンダースン,ブランドン][Sanderson,Brandon]
1975年アメリカ・ネブラスカ州リンカーン生まれ。ブリガム・ヤング大学で生化学を専攻していたが、のちに英文学に転向。2004年に修士号を取得し大学を卒業後も、大学に残り教鞭をとる。また在学中には学内のSF・ファンタジィ同人誌の編集に携わる。2005年に『エラントリス 鎖された都の物語』でデビュー。2006年に刊行された『ミストボーン―霧の落とし子〈1〉灰色の帝国』にはじまる“ミストボーン”三部作は、第三部がニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リスト入りするなど、ファンタジィ・ファンの枠を超えて多くの読者に愛されている。さらにロバート・ジョーダンが完結させることなく亡くなった“時の車輪”シリーズの最終第12部「A Memory of Light」を、ジョーダンの未亡人から指名を受け執筆している。現在は妻、息子とともにユタ州プロボ在住

金子司[カネコツカサ]
1969年生、1992年明治大学商学部商学科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)