中公新書<br> G20の経済学―国際協調と日本の成長戦略

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公新書
G20の経済学―国際協調と日本の成長戦略

  • ウェブストアに在庫がございます。通常1-3日以内に発送いたします。
    ※在庫切れ等により、納期遅延やご入手不能となる場合も少数ながらございます。予めご了承ください。
    ※複数冊ご注文の場合は、1-3日以内に発送できない可能性がございます。
  • 1,500円以上ご注文頂きますと、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ 新書判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121021458
  • NDC分類 333

内容説明

世界金融危機を契機として、世界経済の構造は大きく変化し、主要先進国に新興国を加えたG20サミットが国際金融の第一のフォーラムとなった。為替政策や経常収支不均衡の是正、金融・通貨危機の防止策、ユーロ圏諸国の財政危機などG20の枠組みで対処すべき課題は多い。各国の利害がせめぎ合う中で日本はいかに対応すべきなのか。世界経済の構造変化と金融危機下の政策協調のあり方を探り、日本の成長戦略を提示する。

目次

第1章 政策協調と対外不均衡(政策協調の経済学;対外不均衡の是正と中国経済;G20の内幕)
第2章 世界金融危機と政策協調(金融危機の展開と政策対応;金融危機からソブリン・クライシスへ;ユーロ危機)
第3章 金融危機の防止と政策協調(金融危機の再発防止;国際資本移動と通貨危機;国際的な金融規制改革)
第4章 途上国・新興国経済と日本の成長戦略(途上国支援と新興国経済;開発援助政策の協調;中国の対外進出政策と日本の成長戦略)
おわりに 日本は生き残れるか

著者紹介

中林伸一[ナカバヤシシンイチ]
1963年(昭和38年)、山口県に生まれる。IMF国際経済コンサルタント。1986年、東京大学経済学部卒業、大蔵省入省。1990年、オックスフォード大学経済学修士号取得。OECD日本政府代表部一等書記官、IMFアジア太平洋局審議役、東京大学公共政策大学院教授等を経て、2011年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)